このページの先頭




陸上

陸上メニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日程
  4. 結果
  5. コラム
  6. 日本代表名鑑
  7. 競技メモ

実は我慢が苦手、見事弱点克服

2008年8月25日

 サム(ワンジル)は強かった。育てた選手が金メダルをとるのを見たかったので、素直にうれしい。ただ、私は彼の弱さも見てきた。それだけに世界は決して手の届かない場所にあるわけではない、とも感じた。

 彼はマラソンを経験するまで、遅いペースでの我慢ができなかった。焦って、つい前に出てしまう。その「弱点」が出たのが、昨年12月の初マラソン(福岡国際)に向けた、1カ月半の準備期間だった。

 初めての40キロ走を3回行ったが、2回目でスタミナ切れした。オーバーペースだった。ゴール後はぶっ倒れて、大の字。おそらく初めての体験だったと思う。渡辺監督(仙台育英)もおっしゃっていたが、私も「行きたいところで行くために、心も体も我慢する」と言い続けてきた。

 北京の30キロ地点で、メルガがペースの変化をつけてサムを揺さぶってきた。苦しかったはずだが、うまく休みながら我慢していた。駆け引きを繰り返す先頭集団の中で、スパートの機会をうかがいながら、我慢できたことが勝因だと思う。

 日本勢には厳しい展開となった。夏場で2時間6分台のペースは、想像もしていなかったはず。尾方は戦意を保って頑張った。佐藤もまだ次がある。貴重な経験を若い世代にフィードバックしてほしい。(92年バルセロナ五輪銀メダル、トヨタ自動車九州監督)

森下広一(もりした・こういち)

 1967年(昭42)9月5日、鳥取県生まれ。86年に八頭高から旭化成入社。90年(平2)北京でのアジア大会1万メートルで金、5000メートルで銀メダルを獲得。92年バルセロナ五輪のマラソンで銀メダルに輝いた。その後は故障が続き97年8月に現役引退を表明。99年3月にトヨタ自動車九州の監督に就任した。




ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.