このページの先頭




陸上

陸上メニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日程
  4. 結果
  5. コラム
  6. 日本代表名鑑
  7. 競技メモ

戦える状態じゃなかった土佐

2008年8月18日

 五輪の42・195キロを走る難しさを再認識させられました。土佐は相当不安を抱えていたのでしょう。走る前から外反母趾(ぼし)で「痛み止めの薬を飲む」と公言するのは、普通ではありえません。これは推測ですが、致命的な痛みがありながら、野口が欠場したため出場せざるを得なかった可能性すら考えられます。いずれにせよ、戦える状態ではなかった。

 中村は周囲に惑わされて本来のリズムで乗り切れなかった。せめて第2集団の前に出る積極性が欲しかった。逆にトメスクの勝因は自分の走りを貫いたこと。2番手集団は勝負どころを30キロ以降と考えて「20キロなら大丈夫」という安心感があったように見えました。これだけの大舞台では、平凡に走ることが非凡な武器になります。
 現在の日本勢は中堅選手が伸び悩んでいる。そこから新しい人材が出てこないと、ロンドンは苦しい。中村のほか、北京で1万メートルを走った福士、渋井らにも期待したい。38歳のトメスクが優勝したことで、4年後に34歳になる野口の励みにもなったかもしれません。(91年世界陸上銀メダリスト、第一生命監督)

山下佐知子(やました・さちこ)

 1964年(昭39)8月20日生まれ、大阪市出身。鳥取大卒業後、教員になるが五輪を目指し京セラへ入社。日本陸連強化副委員長で市橋らのコーチも務める浜田安則氏と出会う。91年世界陸上東京大会のマラソンで銀メダル。92年バルセロナ五輪では4位に入賞した。94年に第一生命に移籍、95年11月に第一線を退いた後、96年4月に同社コーチから監督に就任した。01年日本陸上競技連盟理事就任。08年に第一生命陸上部元マネジャーと結婚した。




ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.