このページの先頭




陸上

陸上メニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日程
  4. 結果
  5. コラム
  6. 日本代表名鑑
  7. 競技メモ

マラソン代表選考


男子選考レース

有力選手紹介

福岡国際マラソン
12月2日(日)
【日本人最上位者】 佐藤敦之(3位)
東京マラソン
2月17日(日)
【日本人最上位者】 藤原新(2位)
びわこ毎日マラソン
3月2日(日)
【日本人最上位者】 大崎悟史(3位)

 福岡、東京、びわこ毎日の3レースの結果を参考に、尾方剛、佐藤敦之、大崎悟史が選出された。順位、タイム、実績などを加味し選考委員会で決められた。

女子選考レース

有力選手紹介

東京国際女子マラソン
11月18日(日)
【日本人最上位者】 野口みずき(1位)
大阪国際女子マラソン
1月27日(日)
【日本人最上位者】 森本友(2位)
名古屋国際女子マラソン
3月9日(日)
【日本人最上位者】 中村友梨香(1位)

 代表3人のうち、07年8月の世界陸上(大阪)で3位に入った土佐礼子が決定。残る2枠を東京、大阪、名古屋の3レースの結果から、順位、タイム、実績などを加味し野口みずき、 中村友梨が選考委員会で選出された。

女子マラソン過去の代表選手と選考レース
大会 代表 結果 タイム 選考レース 順位
1984 ロサンゼルス 佐々木七恵 19位 2:37:04 東京国際女子
増田明美 棄権 大阪国際女子
1988 ソウル 浅井えり子 25位 2:34:41 大阪国際女子
荒木久美 28位 2:35:15 大阪国際女子
宮原美佐子 29位 2:35:26 大阪国際女子
1992 バルセロナ 有森裕子 銀メダル 2:32:49 世界陸上東京
山下佐知子 4位 2:36:26 世界陸上東京
小鴨由水 29位 2:26:26 大阪国際女子
1996 アトランタ 有森裕子 銅メダル 2:28:39 北海道
真木和 12位 2:32:35 名古屋国際女子
浅利純子 17位 2:34:31 東京国際女子
2000 シドニー 高橋尚子 金メダル 2:23:14 名古屋国際女子
山口衛里 7位 2:27:03 東京国際女子
市橋有里 15位 2:30:34 世界陸上セビリア
2004 アテネ 野口みずき 金メダル 2:26:20 世界陸上エドモントン
土佐礼子 5位 2:28:44 名古屋国際女子
坂本直子 7位 2:31:43 大阪国際女子



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.