このページの先頭




陸上

陸上メニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日程
  4. 結果
  5. コラム
  6. 日本代表名鑑
  7. 競技メモ

土佐調整には影響なし、渋井も昆明入り

 通勤バスが爆発した中国雲南省の昆明では、北京五輪女子マラソン日本代表の土佐礼子(32=三井住友海上)が合宿中だったが、事件の影響はなく21日は予定通りに練習をこなした。外国選手を受け入れる同省体育局の担当責任者はこの日、「日本から来ている陸上選手や監督に電話で安全を確認した」と明言した。昆明は標高1900メートルで日本だけではなく中国スポーツ界全体の強化拠点にもなっている。

 土佐や鈴木秀夫総監督らの宿泊地は、事件の発生した市街地から車で約40分。市街地に買い物に出るのは日曜だけという。日本に残る三井住友海上陸上部の高堰(たかせき)崇マネジャーは「何の問題もなく通常の練習ができた。現地は全く影響ないようだ」と話し、予定通りに30日の帰国まで昆明で合宿を続ける。

 三井住友海上所属で北京五輪女子1万メートル代表の渋井陽子(29)も、予定通りに22日に昆明入りする。同行する渡辺重治監督は「心配していない。逆にこういうことがあると、徹底的に警備してくれると思う」と述べた。

 [2008年7月22日8時21分 紙面から]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは



このニュースを読んだ人は、以下の記事もチェックしています。

[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]

このニュースには全0件の日記があります。




写真を拡大する
帰国した池田久美子
[2008年8月26日] 
写真を拡大する
水をかぶるワンジル
[2008年8月25日] 
写真を拡大する
悔しそうな尾方
[2008年8月25日] 
写真を拡大する
序盤の尾方と佐藤
[2008年8月24日] 
写真を拡大する
広場前の先頭集団
[2008年8月24日] 
写真を拡大する
五輪新で快勝
[2008年8月24日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.