このページの先頭




陸上

陸上メニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日程
  4. 結果
  5. コラム
  6. 日本代表名鑑
  7. 競技メモ

室伏5位、腰痛こらえ出場80m71/陸上

男子ハンマー投げで5位に終わった室伏は手を振ってスタジアムを後にする
男子ハンマー投げで5位に終わった室伏は手を振ってスタジアムを後にする

<北京五輪:陸上>◇17日◇男子ハンマー投げ決勝

 陸上男子ハンマー投げの室伏広治(33=ミズノ)が、連覇を逃した。2投目に80メートル71を投げたが、それ以外は80メートルを超えられず、5位に終わった。父重信コーチ(62)によると、今月に入ってから腰を痛め、五輪でなければ欠場したほどの状態だったという。今季の残り試合は欠場する方向だが、本人は早くも4年後のロンドン五輪出場を宣言した。昨年の世界選手権2位のコズムス(スロベニア)が82メートル02で金メダルを獲得した。

 本来の力強さが、まったく見られなかった。2投目に80メートル71をマークした。しかし、全6投で80メートル超えは、この1投だけ。逆転を狙った最終6投目は、ハンマーを放った後、首をかしげた。1度もトップに立つことなく、3度目の五輪は5位で終わった。

 「僕自身、自分の力は出し切った。6投目が終わった時、4年間一生懸命やってきて、良かったと思いました。悔いはありません」。なぜ、記録が伸びなかったのか? 「それは波もあるし、自分の力は出した。それ以上のことはできません」。敗因は具体性に欠けた。言い訳しないことが、前回金メダリストの意地だった。

 いつものように、サークル後方のスタンドで見守った父が、真相を明かした。北京入り直前に腰を痛め、5~7日にかけて特に痛みが出たという。

 父重信コーチ 体がまっすぐにできない状態。右肩が下がって、ゆがんでいる。3日間は、腰が痛くて、軽い練習しかできなかった。これが五輪でなかったら、出なかった。体のバランスがおかしいんです。

 7月に中京大で行った2度の記録会では、仕上がりの良さを示していた。同21日には今季世界ランク3位の81メートル87をマーク。その後も順調にいけば、メダルを狙える状態だった。しかし、8月に入って、腰が悲鳴を上げた。

 今季、最初に腰を痛めたのは3月。その後、大小合わせて5回も故障した。80メートル以上投げるには、体に400キロ近い負荷がかかる。疲労が原因だったこともある。ストレッチの最中に違和感が出たこともある。MRI(磁気共鳴画像装置)検査をしても、はっきりした原因は分からなかった。

 練習が不足し、スタミナがなかった。全6投中、後半の追い上げは不可能で、逆転を狙える状況ではなかった。重信コーチは「根本的に直さないと駄目」とし、今季の残り試合の欠場を示唆。9月のスーパー陸上についても「今年はどうかな。出ないのでなく、出られない」とした。

 ただし、本人は苦しみを表に出さなかった。「トップクラスを維持して、またチャレンジしたい。五輪の雰囲気は好きだし、ぜひまたロンドンも行けたらと思います」。37歳で迎える次の五輪まで口にした。父は40歳まで現役を続けた。鉄人の息子は、顔にも言葉にも悔しさを出さず、4年後を視野に入れた。【佐々木一郎】

 [2008年8月18日10時0分 紙面から]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。




写真を拡大する
帰国した池田久美子
[2008年8月26日] 
写真を拡大する
水をかぶるワンジル
[2008年8月25日] 
写真を拡大する
悔しそうな尾方
[2008年8月25日] 
写真を拡大する
序盤の尾方と佐藤
[2008年8月24日] 
写真を拡大する
広場前の先頭集団
[2008年8月24日] 
写真を拡大する
五輪新で快勝
[2008年8月24日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2020,Nikkan Sports News.