このページの先頭




陸上

陸上メニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日程
  4. 結果
  5. コラム
  6. 日本代表名鑑
  7. 競技メモ

ワンジルが仙台の恩師に電話/陸上

<北京五輪:陸上>◇24日◇男子マラソン

 02年春から3年間、ワンジルを指導した仙台育英高陸上部の渡辺高夫総監督(61)の携帯にこの日夕、電話が入った。「取っちゃったよ!」。教え子の弾む声に「大したもんだ、おめでとう」と返した。合宿先の山形・蔵王から、仙台に戻り取材に応じた同総監督。「優勝するだろうと思ったけど正直、ビックリです」と第一声を口にした。

 ワンジルからは22日夜に電話が入った。

 渡辺総監督 「故障もなくベストの状態で北京に入った。金メダル目指して頑張るよ」と言ってました。子供の具合が悪く病院に通っているみたいで、それがどう影響するか心配でしたが、まったくはねのけるランニングでした。

 1年時の全国高校駅伝で「花の1区」で区間賞。3年時「北京でマラソンを走りたい」と話したワンジルに「速い入りで押し通して、最後はスプリント。これが21世紀の世界のマラソンの主流だぞ」と伝えた。

 22日にもこのことを「徹底しなさい」と伝えた上で「ただし中盤は我慢だぞ」と諭した。「6月上旬にはウチの留学生にメシをごちそうして、貧しいだろうからと靴下を買って与えたり。日本人が忘れた日本の心を持ったケニア人です」。ワンジルは在校中、書道コンクールで大賞を受賞した。出展文字は「走るの疲れたから」で「歩」。もちろん、疲れても走りは止めない。日本の心も忘れずに世界をひた走る。「日本の父」は、そう確信している。

 [2008年8月25日7時47分 紙面から]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。




写真を拡大する
帰国した池田久美子
[2008年8月26日] 
写真を拡大する
水をかぶるワンジル
[2008年8月25日] 
写真を拡大する
悔しそうな尾方
[2008年8月25日] 
写真を拡大する
序盤の尾方と佐藤
[2008年8月24日] 
写真を拡大する
広場前の先頭集団
[2008年8月24日] 
写真を拡大する
五輪新で快勝
[2008年8月24日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.