このページの先頭




バドミントン

バドミントンメニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日程
  4. 結果
  5. 日本代表名鑑
  6. 競技メモ

オグシオが中国ペアに完敗/バドミントン

目に涙をためて引き揚げる潮田(手前)と小椋(撮影・蔦林史峰)
目に涙をためて引き揚げる潮田(手前)と小椋(撮影・蔦林史峰)

<北京五輪:バドミントン>◇11日◇女子ダブルス準々決勝

 「オグシオ」こと小椋久美子、潮田玲子組(三洋電機)は第2シードの杜■(女ヘンに青の月が円)、于洋組(中国)に8-21、5-21とストレート負け。4強入りを逃した。

 会場は地元中国コンビの登場とあって、小椋、潮田コンビは完全アウェー状態での戦いとなった。試合開始時から異様な雰囲気。中国コンビがスマッシュを打つたびに掛け声がかかる。必死にレシーブするオグシオ。そんなパターンで第1セットを失う。立て直しを図ろうと臨んだ第2セットも防戦一方の展開となり、最後まで主導権を奪うことなく敗れた。

 それでも敗戦が決まった瞬間、2人は顔を見合わせ笑みさえ浮かべた。潮田は「(相手が)強かった。これが実力」とさばさばした表情。小椋は完敗に終わった中国コンビについて「やる前から対策を練ってきてこの結果。自分たちで考えすぎてミスしてしまった」と力の差を認めた。今後について、オグシオはそろって「ゆっくり休みます」と話した。

※■=女へんに青の月が円

 [2008年8月12日9時55分]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。



写真を拡大する
4位のスエマエ
[2008年8月19日] 
写真を拡大する
笑顔のオグシオ
[2008年8月19日] 
写真を拡大する
握手する末綱と前田
[2008年8月15日] 
写真を拡大する
うなだれる末綱と前田
[2008年8月14日] 
写真を拡大する
応援する小椋と潮田
[2008年8月14日] 
写真を拡大する
顔しかめる前田と末綱
[2008年8月13日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2019,Nikkan Sports News.