このページの先頭




バドミントン

バドミントンメニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日程
  4. 結果
  5. 日本代表名鑑
  6. 競技メモ

オグシオ、スエマエに報奨金299万9999円

 日本バドミントン協会が、女子ダブルスでアテネ五輪優勝の中国ペアを破る活躍などを見せて4位となった末綱聡子、前田美順組(NEC・SKY)ら、北京五輪の日本代表に対して総額「299万9999円」の報奨金を検討していることが20日、分かった。

 同協会は大会前に銅メダル獲得には300万円の報奨金と決めていたが、一歩届かなかったため、1円少ない額になるという。9月16日の理事会で提案される見込み。今井茂満事務局長は「メダルは逃したが、全員が頑張った。代表全体に対して(報奨金を)出すことを提案したい」と話した。

 北京五輪では「スエマエ」の末綱、前田組が4位に入賞したほか、「オグシオ」の小椋久美子、潮田玲子組(三洋電機)らがベスト8入りするなど、躍進した。

 [2008年8月20日12時56分]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。



写真を拡大する
4位のスエマエ
[2008年8月19日] 
写真を拡大する
笑顔のオグシオ
[2008年8月19日] 
写真を拡大する
握手する末綱と前田
[2008年8月15日] 
写真を拡大する
うなだれる末綱と前田
[2008年8月14日] 
写真を拡大する
応援する小椋と潮田
[2008年8月14日] 
写真を拡大する
顔しかめる前田と末綱
[2008年8月13日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.