このページの先頭




バドミントン

バドミントンメニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日程
  4. 結果
  5. 日本代表名鑑
  6. 競技メモ

潮田「引退するかも」選択肢のひとつに

帰国後の記者会見で笑顔の小椋久美子(左)と潮田玲子(共同)
帰国後の記者会見で笑顔の小椋久美子(左)と潮田玲子(共同)

 バドミントン北京五輪代表の潮田玲子(24=三洋電機)が、初めて公の場で「引退」の2文字を口にした。日本バドミントン協会は19日、都内で同代表の帰国報告会見を開き、今後のことを聞かれた潮田は「今は何も考えられない。引退するかもしれないし、現役を続けるかもしれない」と、引退が選択肢のひとつであることを明かした。

 9月16日から世界ツアーのジャパンオープン(東京体育館)が開催されるが、今のところ小椋久美子(25)との代表コンビでエントリーしている。しかし、三洋電機の関係者は「五輪が終わって少しは休養が必要。体調を見て」と欠場もにおわせた。10月11日から始まる日本リーグには、潮田は「三洋のためにがんばってやりたい」と出場の意欲を見せた。オシオグコンビで世間の注目を浴び、五輪では準々決勝で敗退。「この4年間、五輪だけを見てやってきた」。すべてを出し切った乙女心が、大きく揺らいでいるようだ。

 [2008年8月20日8時55分 紙面から]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。



写真を拡大する
4位のスエマエ
[2008年8月19日] 
写真を拡大する
笑顔のオグシオ
[2008年8月19日] 
写真を拡大する
握手する末綱と前田
[2008年8月15日] 
写真を拡大する
うなだれる末綱と前田
[2008年8月14日] 
写真を拡大する
応援する小椋と潮田
[2008年8月14日] 
写真を拡大する
顔しかめる前田と末綱
[2008年8月13日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.