このページの先頭




野球

野球メニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日本戦速報
  4. 日程
  5. 結果
  6. 日本代表名鑑
  7. 競技メモ

日本の五輪史


1992年バルセロナ大会

3位決定戦 日本、米国を破り銅メダル獲得

銅メダルを獲得し手を挙げて声援に応える全日本ナイン
銅メダルを獲得し手を挙げて声援に応える全日本ナイン(撮影・宮川勝也)=1992年8月5日

◇1992年8月5日◇バルセロナ五輪3位決定戦 米国戦

<ペン>赤坂厚、樋口浩一、久保勇人、桝田朗、赤星美佐子 <技術>佐久間豊 <カメラ>宮川勝也、黒河謙一、福永力

 運不運が交錯した。1回表、日本の1番大島の当たりがライト前にフラフラと上がり、風に戻されて幸運な二塁打になった。続く十河の送りバントを、米国の一塁ジアンビがお手玉。労せずして無死一、三塁のチャンスになった。しかし、佐藤真が止めたバットをハーフスイングととられて三振。徳永の当たりは痛烈なライナーで中前に抜けるかというのを、二塁ウィマーが横っ飛びで好捕し、ヒットエンドランがかかっていたこともあって併殺と、先制のチャンスを逃してしまった。

 日本の先発は伊藤。本当なら、決勝のキューバ戦での登板が予定されていたが、気持ちを入れ替えての投球になった。1死後、中前に安打を打たれたが、3番ハモンズを三振に切り、二塁を狙った走者も高見が刺して、こちらも併殺と、互いに手探りの立ち上がりになった。

 前日、台湾に完全な力負けを喫して、意気消沈していた日本チーム。山中監督が「まだ3位になるチャンスが残っているから、ものにしよう」と沈む選手たちの気持ちを何とか盛り上げようとしていた。公開競技だったロスで金、ソウルで銀ときていただけに、どちらの色の可能性もなくしてしまったのは「惨敗」に等しい気持ちであることは確か。しかし、何の土産もなしには帰りたくはない。

 2回、先頭の若林が左翼線に二塁打を放ち、小島の時に暴投で三進。小島が歩いて、初回と同じ無死一、三塁とした。小久保の三塁線を破る二塁打で先制。

 続く高見が代わったグリーンから、中前に2点適時打を放った。坂口、大島と続く4連打で4点。なおも無死一、三塁と攻めたが、米国フレーザー監督がたまらず出した3人目のアルカイアに断たれた。

 3回まで日本の先発・伊藤が好投。7個の三振を奪ったが、4回につかまった。ジアンビ、ハモンズの連続二塁打で1点を失った。4番タッカーに対して四球を出し、無死一、二塁としたところで、山中監督は左腕・杉山をマウンドに送った。ネビンを三振に取ったが、その時、高見の一塁けん制が悪投になり、二塁走者がかえって余計な点を与えてしまった。

 米国は5回にも長打で得点。ガルシアパラの内野安打とマレーの二塁打で1点差に迫った。日本は連投の杉浦をマウンドに送り、何とかしのいだのが功を奏した。

 6回、4番徳永が口火を切る中前打。1死一、二塁としたところで、小久保が中堅越えフェンス直撃の二塁打で1点。さらに2死満塁から大島が左翼越えに走者一掃の二塁打を放ち、8―3にリードを広げて銅メダルを確定づけた。

 投げては3番手の杉浦が力投を見せる。交代直後こそヒットを許したが、後続をピシャリと抑えた。9回は圧巻の3者連続三振で、4回2/3を1安打無失点と完ぺきなリリーフ。8―3で日本は予選に続き米国を撃破。ロス金、ソウル銀から一歩ずつ後退ながら、3大会連続メダルを死守した。

試合別データ

決勝トーナメント
準決勝 ●2-5 台湾
3位決定戦 ○8-3 米国
予選リーグ対戦成績
順位 チーム名 キューバ 日本 台湾 米国 プエルトリコ ドミニカ イタリア スペイン
キューバ ×
(8-2)

(8-1)

(9-6)

(9-4)

(8-0)

(18-1)

(18-0)
日本
(2-8)
×
(0-2)

(7-1)

(9-0)

(17-0)

(13-3)

(12-1)
台湾
(1-8)

(2-0)
×
(9-10

(10-1)

(11-0)

(8-2)

(20-0)
米国
(6-9)

(1-7)

(10-9)
×
(8-2)

(10-0)

(10-0)

(4-1)
プエルトリコ
(4-9)

(0-9)

(1-10)

(2-8)
×
(7-5)

(2-0)

(6-7)
ドミニカ
(0-8)

(0-17)

(0-11)

(0-10)

(5-7)
×
(7-5)

(11-2)
イタリア
(1-18)

(3-13)

(2-8)

(0-10)

(0-2)

(5-7)
×
(14-4)
スペイン
(0-18)

(1-12)

(0-20)

(1-4)

(7-6)

(2-11)

(4-14)
×
バルセロナ五輪代表メンバー
位置 選手名 年齢 所属
監督 山中正竹 45 住友金属
投手 佐藤康弘 25 プリンスホテル
杉山賢人 23 東芝
渡部勝美 30 大昭和北海道
西山一宇 21 NTT四国
小桧山雅仁 23 日本石油
伊藤智仁 21 三菱自動車京都
杉浦正則 24 日本生命
捕手 高見泰範 28 東芝
三輪 隆 22 神戸製鋼
内野手 大島公一 25 日本生命
若林重喜 25 日本石油
西 正文 31 大阪ガス
徳永耕治 23 日本石油
十河章浩 25 日本生命
小島啓民 28 三菱重工長崎
小久保裕紀 20 青学大
外野手 坂口裕之 26 日本石油
佐藤真一 26 たくぎん
中本 浩 25 松下電器
川畑伸一郎 25 住友金属

※年齢、所属は当時




ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2019,Nikkan Sports News.