このページの先頭




野球

野球メニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日本戦速報
  4. 日程
  5. 結果
  6. 日本代表名鑑
  7. 競技メモ

日本の五輪史


1996年アトランタ大会

日本、銀メダル キューバから9点奪う

銀メダルを獲得しウィニングランをする日本チーム
銀メダルを獲得しウィニングランをする日本チーム(撮影・河南真一)=1996年

◇1996年8月2日◇バルセロナ五輪3位決定戦 米国戦

 最後の最後まであきらめなかった。世界一のキューバ相手に、日本は挑戦者としてのファイトを捨てなかった。金メダルこそ取れなかったが、五輪決勝の舞台で3アーチを含む9安打9得点。世界に誇れる銀メダルを手にした。

 4番打者松中が意地を見せた。序盤で1―6とリードされ、だれもがキューバの圧勝を信じた5回、1点を返して2死満塁。スライダーをたたいた松中の打球は、左翼スタンドへ飛び込んだ。一挙に同点に追いつくグランドスラムに、日本人以外の観客も、スタンディングオベーションで松中を祝福した。

 「このゲームがこのチームとしては最後だと思って打席に入った」。五輪前は、4番ながら、井口、福留に比べて注目度は低かった。予選で痛い1敗を喫した対豪州戦では5打数無安打。4番の責任を感じその日の夜から深夜の素振りを始めた。右手首を痛めるほど振り続けて最後に見せた4番の意地だった。「最高だった。悔いはない」。テーピングでグルグル巻きにされた右手で銀メダルを持つと、「重いですね」と、笑った。

 7回、9回と2打席連発をマークした谷も言った。「9回は点差(6点)はあったが、負けたくなかった。最後の力を振り絞った」。米国を破ってつかんだ五輪ファイナリストとして、あっさり引き下がるわけにはいかなかった。

 ゲーム終了後は、ナイン全員がひとみをうるませた。五輪初体験の福留は「悔しくて泣けてきた。でも自分の選んだ道が間違ってなかったと思った」と、感激。井口も「メダルは宝になります」と、銀メダルをみつめた。「予選は苦しかったが、みんなではい上がってつかんだ銀メダル。選手の働きは金メダルと同じだ」。川島監督はキューバから9点を奪った選手の精神力を褒めたたえた。【浦田由紀夫】

試合別データ

決勝トーナメント
準決勝 ○11-2 米国
決勝 ●9-13 キューバ
予選リーグ対戦成績
順位 チーム名 キューバ 米国 日本 ニカラグア オランダ イタリア 豪州 韓国
キューバ ×
(10-8)

(8-7)

(8-7)

(18-2)

(20-6)

(19-8)

(14-11)
米国
(8-10)
×
(15-5)

(4-1)

(17-1)

(15-3)

(15-5)

(7-2)
日本
(7-8)

(5-15)
×
(13-6)

(12-2)

(12-1)

(6-9)

(14-4)
ニカラグア
(7-8)

(1-4)

(6-13)
×
(7-0)

(7-2)

(10-0)

(8-3)
オランダ
(2-18)

(1-17)

(2-12)

(0-7)
×
(8-7)

(16-6)

(3-11)
イタリア
(6-20)

(3-15)

(1-12)

(2-7)

(7-8)
×
(12-8)

(2-1)
豪州
(8-19)

(5-15)

(9-6)

(0-10)

(6-16)

(8-12)
×
(11-8)
韓国
(11-14)

(2-7)

(4-14)

(3-8)

(11-3)

(1-2)

(8-11)
×
アトランタ五輪代表メンバー
位置 選手名 年齢 所属
監督 川島勝司 53 ヤマハ
投手 三澤興一 22 早大
森中聖雄 22 東海大
木村重太郎 28 東芝
川村丈夫 24 日本石油
小野 仁 19 日本石油
森 昌彦 30 NTT東海
杉浦正則 28 日本生命
捕手 大久保秀昭 27 日本石油
黒須 隆 27 日産自動車
内野手 福留孝介 19 日本生命
野島正弘 24 日本石油
松中信彦 22 新日鉄君津
今岡 誠 21 東洋大
桑元孝雄 26 三菱自動車川崎
井口忠仁 21 青学大
西郷泰之 23 三菱自動車川崎
外野手 中村大伸 30 NTT東京
高林孝之 28 日本石油
佐藤友昭 27 プリンスホテル
谷 佳知 23 三菱自動車岡崎

※年齢、所属は当時




ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2019,Nikkan Sports News.