このページの先頭




野球

野球メニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日本戦速報
  4. 日程
  5. 結果
  6. 日本代表名鑑
  7. 競技メモ

日本の五輪史


2000年シドニー五輪

日本、初のメダルなし 松坂大輔は悔し泣き

韓国に敗れ、ベンチでうなだれる松坂大輔(中央)ら日本ナイン
日本は韓国に敗れ初めてメダルなしの4位。韓国に敗れ、ベンチでうなだれる松坂大輔(中央)ら日本ナイン(共同)=2000年9月27日

◇2000年9月27日◇シドニー五輪3位決定戦 韓国戦

 涙が止まらなかった。勝ちたかった。西武松坂大輔投手(20)が初めて泣いた。シドニー五輪、27日の3位決定戦。銅メダルをかけプロ入り初の中3日で韓国戦に先発。7回まで3安打10奪三振で無失点。だが、打線の援護がなく、8回に3失点と力尽きた。五輪初黒星で、野球が公開競技として始まった84年のロサンゼルス五輪以来、5大会目にして初めてメダルなしとなった。松坂はロッカー室で悔し涙を見せ、4年後のアテネ大会でリベンジを誓った。

 涙が自然とあふれてきた。初のプロアマ合同チームで臨んだ五輪。メダルに届かなかった。ロッカー室でナインが体をくの字にして、うずくまっていた。淡々と取材に答えた松坂が、最後にその部屋に入ってきた。その瞬間だった。怪物の目に涙がにじんできた。「ロッカーに入って、みんなの姿を見たら、もらい泣きしました」。

 打たれても、敗れても、弱音や泣き言は口にしない。悔し涙を見せるのは、横浜高2年の夏の神奈川県大会。準決勝の横浜商戦でサヨナラ暴投を演じたのが最後だった。プロに入っても涙と無縁だった右腕がシドニーで泣いた。「チームの役に立てなかった。勝ちに結びつかず悔しい」。17日の開幕米国戦から11日目。松坂で始まった五輪は松坂で終わった。

 痛恨の122球目だった。それまで韓国打線を4安打に封じていた松坂が追い込まれる。2死二、三塁。打席には「韓国の松井(巨人)」と呼ばれる3番李承〓。23日予選リーグで2ランを浴びた相手だった。カウント2-3。「何を投げるかちょっと迷ったんです」。この日、3打席で3奪三振と借りは返していた。選んだ速球は153キロをマークした。だが甘く入り、打球は適時二塁打となって左中間を抜けていった。

 昨秋アジア予選から背負い続けた「JAPAN 18」。「今日の一戦はベンチの選手、こっちに来られなかった選手の気持ちも、背負って投げました」。この日のヒーロー李承〓には「140キロのスライダーなんて恐ろしい。韓国にはそんな投手はいないよ」と言わせたが勝負で負けた。

 8回の失点は横浜高の先輩平馬の失策が絡む。先輩のミスを取り返せなかったことも松坂を苦しめた。3試合で27回を投げ、防御率2・33。25奪三振は92年バルセロナ大会で伊藤智仁投手(現ヤクルト)がつくった大会記録27三振に迫る快投だった。それでも勝ち星を手にすることなく、松坂の五輪は終わった。

 3戦で427球を投げた。「ただのいい経験で終わるか、経験を生かして財産になるかは、自分次第。今後にかかってくると思う」。口元を引き締め、空を見上げた。「日本に帰れば公式戦があるので頑張りたい。でも4年後にまた選ばれたら、この悔しさを晴らしたいです」。シドニーの空はアテネまで続いている。【田誠】

※〓は火ヘンに華

試合別データ

決勝トーナメント
準決勝 ●0-3 キューバ
3位決定戦 ●1-3 韓国
予選リーグ対戦成績
順位 チーム名 キューバ 米国 韓国 日本 オランダ イタリア 豪州 南アフリカ
キューバ ×
(6-1)

(6-5)

(6-2)

(2-4)

(13-5)

(1-0)

(16-0)
米国
(1-6)
×
(4-0)

(4-2)

(6-2)

(4-2)

(12-1)

(11-1)
韓国
(5-6)

(0-4)
×
(7-6)

(2-0)

(10-2)

(3-5)

(13-3)
日本
(2-6)

(2-4)

(6-7)
×
(10-2)

(6-1)

(7-3)

(8-0)
オランダ
(4-2)

(2-6)

(0-2)

(2-10)
×
(3-2)

(6-4)

(2-3)
イタリア
(5-13)

(2-4)

(2-10)

(1-6)

(2-3)
×
(8-7)

(13-0)
豪州
(0-1)

(1-12)

(5-3)

(3-7)

(4-6)

(7-8)
×
(10-4)
南アフリカ
(0-16)

(1-11)

(3-13)

(0-8)

(3-2)

(0-13)

(4-10)
×
シドニー五輪代表メンバー
ポジション 選手名 年齢 所属
監督 大田垣耕造 50 東芝
投手 土井善和 30 日本生命
河野昌人 22 広島
渡辺俊介 24 新日鉄君津
吉見祐治 22 東北福祉大
石川雅規 20 青学大
山田秋親 22 立命大
杉内俊哉 19 三菱重工長崎
松坂大輔 20 西武
杉浦正則 32 日本生命
黒木知宏 26 ロッテ
捕手 鈴木郁洋 25 中日
阿部慎之助 21 中大
野田浩輔 22 新日鉄君津
内野手 松中信彦 26 ダイエー
平馬 淳 25 東芝
中村紀洋 27 近鉄
田中幸雄 32 日本ハム
沖原佳典 28 NTT東日本
野上 修 26 日本生命
外野手 田口 壮 31 オリックス
梶山義彦 30 三菱自動車川崎
飯塚智広 24 NTT東日本
広瀬 純 21 法大
赤星憲広 24 JR東日本

※年齢、所属は当時




ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2019,Nikkan Sports News.