このページの先頭




野球

野球メニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日本戦速報
  4. 日程
  5. 結果
  6. 日本代表名鑑
  7. 競技メモ

日本打線ベラ-ラソ継投にブレーキ/野球

<北京五輪・野球:キューバ4-2日本>◇13日◇1次リーグ

 キューバの右腕2枚看板ベラ-ラソの継投に、日本打線はかわされた。先発ベラはサイドスローを交え、変化球で打たせて取る投球。8番三塁でスタメン出場した宮本が4、6回と併殺打を打たされ、ブレーキとなった。6回まで2点しか奪えず、ラソが3イニングのロングリリーフ。7回無死から川崎が安打で出塁したが、先頭西岡が投ゴロ併殺で、反撃の目をつぶされ万事休した。

 アジア最終予選に比べて、対戦国の事前データは圧倒的に充実していたという。先発も予想通りだった。宮本は「イメージ通りでした。向こうのやりたい野球をやらせてしまいました」と言った。拙攻の原因は相手ではなく、初戦の緊張による部分が大きかった。

 森野、新井、稲葉、阿部の中軸は強振が目立ち、合計2安打しか放てなかった。初回1死二、三塁の先制機で三振に倒れるなど無安打に終わった4番新井は「変化球が多かったですね…」としばし沈黙した。森野も「結果がすべてですから」と硬い表情だった。

 宮本はナインの気持ちを代弁し言った。「最初は緊張するものだから。明日からしっかりやります」。地に足をつけ戦うことを誓った。【宮下敬至】

 [2008年8月14日8時28分 紙面から]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。



写真を拡大する
宿舎に入る星野監督
[2008年8月25日] 
写真を拡大する
星野監督は険しい表情
[2008年8月25日] 
写真を拡大する
会見する星野監督ら
[2008年8月24日] 
写真を拡大する
優勝し李は大喜び
[2008年8月24日] 
写真を拡大する
落球するG・G・佐藤
[2008年8月24日] 
写真を拡大する
悔しそうな上原
[2008年8月24日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.