このページの先頭




コラム


1元ショップに偽ミッキーグッズ

2008年8月25日

 北京などでは「100円ショップ」ならぬ、超激安の「1元超市(スーパー)」「2元超市」が登場して人気を集めている。1商品を日本円にして約16円(1元)や約32円(2元)均一で売っている店で、キーホルダー、電池、せっけん、ベルト、コップなどのほか、コン...[ 続きを読む ]

犬料理「こっそりやってます」

2008年8月24日

 北京市当局が五輪期間中、異例の「犬料理禁止令」を出している。五輪組織委員会の契約ホテルやレストランが直接の対象だが、多くの店では犬肉を使った料理を自粛中。北京では、犬料理は韓国料理店のほか、中国の貴州省や雲南省の地元料理店でも出されており、一部店で...[ 続きを読む ]

潜入!!裏DVD密売部屋

2008年8月23日

 厳戒態勢が続く北京の市街地でも「裏DVD」が密売されていた。売人に接触。路地裏にある狭く薄汚い“密売部屋”に潜入すると、そこには無修正モノが多数あった。北京中心部のメーンストリート近くでも、裏DVDを密売する「電動スクーター軍団」を発見。五輪警備に...[ 続きを読む ]

中国政府が「萌え~」支持

2008年8月22日

 街は五輪でヒートアップする一方、北京では「アキバ文化」もますます盛り上がっていた。「北京の秋葉原」こと中関村を1年ぶりに訪れてみたが、巨大な「アニメ・漫画ビル」が誕生。日本のアニメキャラの衣装に身を包んだ「COSPLAY(コスプレ)美少女中学生軍団...[ 続きを読む ]

懲りないダフ屋 大量摘発後もすぐ営業

2008年8月21日

 大会も終盤に入り、ダフ屋の活動が活発化してきた。会場近くには深夜、チケットの束を持った怪しい目つきの男が多数集結。人気種目のチケット入手を希望する人らに、時に数十倍もの法外価格で売り付けている。海外から遠征してきた“ゲリラダフ屋”まで出没。一斉摘発...[ 続きを読む ]

広部玄(ひろべ・げん)

 1970年生まれ。早大政経学部卒。編集局整理部などを経て、95年から文化社会部で社会、芸能など担当。裏社会ネタ、異常性犯罪、オウム関連、ライブドア・株関連、アイドル関連、格闘技マニアック情報などがやや得意。01年からの連載「広部が行く」はまったく惜しまれることなく03年ごろ自然消滅。それ以外のこれまでの連載は「広部玄の株やっちゃうぞ」「広部玄のイケイケ(アテネ五輪)」「ニッポン珍事情(←記憶している国民は推定3人以下)」「広部玄の先モノ買い」(←同推定2人以下)「見た・聞いた・思った」(←約半年で事実上解任)「広部玄の勝手にアイドルカウンセリング」(←最近著しく頻度が落ちている)などがあったが、あとは忘却。07年の小島よしお肯定派。




ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.