このページの先頭




コラム


来年は初マラソン 当分、夫と娘と3人4脚

2008年8月20日

陸上5000メートル 赤羽有紀子(28)

 ママは頑張った。女子5000メートル予選2組で12着。赤羽有紀子(28=ホクレン)は決勝に進めなかったが、今の力を出し切った。2000メートルの手前から、トップに立った。「五輪で1度は先頭に、と思って出ちゃいました」。3000メートルから失速し、初めての五輪は終わった。

o-bigaku-080820-0301.jpg
女子5000メートル予選2組 先頭の福士(右)と赤羽(左)(撮影・蔦林史峰)

 15日の1万メートルは20位で「世界の壁を痛感させられました」。応援に来ていた長女の優苗(ゆうな)ちゃんは、翌16日に祖父母と一緒に帰国した。「今日は、こっちの方を見て応援してくれたと思います」と、海の向こうへ思いをはせた。この日、3コーナー付近の最前列で夫周平コーチ(28)は赤いメガホンを持って、声援を送っていた。

 夫、娘との3人4脚で勝ち取った五輪切符だった。出産を経験したランナーの五輪出場は、日本陸上界初。2年前に優苗ちゃんを出産した1カ月後、競技に復帰。苦しい練習も、娘の無邪気な笑顔に救われた。夫はコーチ業と家事もこなし、サポートしてくれた。

 5000メートル、1万メートル、ハーフマラソンすべて、自己ベストは今年に入ってから更新。すべて日本歴代4位以上だった。家族が心の支えになり、競技にプラスになった。この日のレースは、2人と自分の名前がかかとに刺しゅうされたスパイクで走った。

 20日は、優苗ちゃんの2歳の誕生日。ママの力走は、伝わっただろうか。プレゼントは「いい走りをすることだと思っていたんですが…」。競技生活は、まだ続く。「子どもの記憶に残るまで走っていたい」という夢がある。来年は、初マラソンに挑戦する。【佐々木一郎】

赤羽有紀子(あかば・ゆきこ)

 1979年(昭54)10月18日、栃木県芳賀町生まれ。芳賀中1年で競技を始め、真岡女高から城西大へ進学。卒業後ホクレンへ。自己ベストは5000メートル15分6秒07(日本歴代3位)、1万メートル31分15秒34(同4位)、ハーフマラソンは1時間8分11秒(同3位)。05年3月に結婚し、06年8月に長女優苗(ゆうな)ちゃんを出産。夫周平さん(28)がコーチ。158センチ、42キロ。




ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2018,Nikkan Sports News.