このページの先頭




コラム


水の中なら、忘れられる

2008年8月21日

OW義足スイマー ナタリー・デュトイト(24)

 彼女が水を好きな理由。それは、水の中なら自分の不幸を忘れられるからだ。10キロを泳ぎ切り、念願の五輪初レースを終えたデュトイトは、右足をやさしくストレッチした。「最高のレースができた。本当にうれしい」。スタッフが何かを抱え、歩み寄ってくる。デュトイトの義足だった。

o-bigaku-080821-0301.jpg
オープンウオーター女子10キロ 南アのナタリー・デュトイト(AP)

 今大会から正式採用された、水泳のオープンウオーター(OW)。新種目以上に注目されたのが、義足スイマーのデュトイトだった。体をよろめかせながら静かに飛び込むと、必死で上位に食い付いた。豪快なキックで進む他の選手とは違い、足からはあまりしぶきが上がらない。体のバランスを取りながらの右足キックと、両腕のかきだけが頼りだ。結果は16位。一気にペースを上げたライバルに置いて行かれたが、それでも9人に先着した。

 14歳で競泳の代表入りを果たし、将来を嘱望された。人生は01年に暗転する。朝練を終え、バイクで学校に向かう途中で事故に遭い、左ひざから下を失った。五輪の夢は、断たれたかに思えた。しかし、泳ぎたい衝動は、再び彼女をプールへと駆り立てた。「びっくりした。まだ足があるみたいに感じた」。ふさぎ込んでいた自分の居場所を、再発見した。事故から6カ月目のことだった。

 04年のアテネ・パラリンピックでは金メダル5つ、銀メダル1つを獲得した。「どうしても五輪に出たい」という思いが、再びわき上がった。片足だと不利になるプール種目から、外海を泳ぐOWに転向。「今までにないくらい練習した」。選考会をパスし、出場権を獲得した。

 今大会は開会式で旗手を務めた。「聖火台に火が付いたとき、涙が出てきた」。涙もろいデュトイトは、ボロボロ泣いた。彼女が水を好きな理由は、もう1つある。泣いても、だれにも気付かれないからだ。

 ◆オープンウオータースイミング プールで行われる競泳とは違って海、川、湖など自然の水中で行われる水泳競技。90年に正式種目として国際水泳連盟に認可され、五輪では今大会から正式種目になった。今回は、男女とも10キロの1種目ずつが採用された。

ナタリー・デュトイト

 1984年1月29日、南アフリカ・ケープタウン生まれ。幼少から競泳を始め、同国代表入りを果たす。01年に事故で左脚を切断しながらも競技を続け、04年アテネ・パラリンピックには競泳で出場。自由形3冠を含む金メダル5つ、銀メダル1つを獲得した。175センチ、72キロ。




ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2018,Nikkan Sports News.