このページの先頭




コラム


自然、強豪、知名度との孤独な戦い

2008年8月24日

男子MTB 山本幸平(23)

 残りの3周は、走らせてもらえなかった。1周4・19キロを8周する、男子マウンテンバイクのクロスカントリー。山本幸平(23=ブリヂストンアンカー)は規定のタイムをオーバーし、係員にレースを止められた。46位。「正直、厳しいですね。世界との差はすごいあると、あらためて思いました」。話しているうちに、涙声になった。

 世界と何が違うのか? 「それが分かっていないから、こういう差になる」。2年前からフランスに単独で渡り、世界と戦う準備をしてきた。「もうちょっとやれるかなと思ってきた。でも五輪にかける思いはみんなすさまじい」。もともと五輪出場枠がなかった。上位国が出場枠を返上し、繰り上がったが、そのレベルでは戦えなかった。

o-bigaku-080824-0301.jpg
マウンテンバイク男子で46位の山本幸平(共同)

 凸凹の山道を登り、下る。歩くような速さになるほどのきつい坂もある。転倒も珍しくない。泥まみれになる。その迫力に、観客が沸く。日本ではマイナー種目だが、その魅力を山本は訴える。「本当の大自然で競技をする。練習だと、鳥の声も聞こえるし、川の音など、自然を肌で感じられます。今のストレス社会には、いいと思いますよ。健康にもいいですし」。

 競技への関心が高まり、欧州強国のような環境が整えば、強化に直結することは間違いない。フランス人選手がトップでゴールに向かう様子を、山本はうらやましそうに見つめていた。「今、できることはやりました。4年後は、メダルを取りにいきたい」。観戦に訪れた母美智子さん(50)は「納得いくまでやってくれればいい」と背中を押した。【佐々木一郎】

山本幸平(やまもと・こうへい)

 1985年(昭60)8月20日、北海道帯広市生まれ。小学生でマウンテンバイクを始め、4年生で初レース。帯広農業から国際アウトドア専門学校に進み、卒業後にプロ選手になった。ブリヂストンアンカー所属。182センチ、70キロ。




ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2018,Nikkan Sports News.