このページの先頭




馬術

馬術メニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日程
  4. 結果
  5. 日本代表名鑑
  6. 競技メモ

67歳法華津35位、馬が後ろ向きに…/馬術

馬場馬術団体に出場した法華津寛(共同)
馬場馬術団体に出場した法華津寛(共同)

<北京五輪:馬術>◇14日◇馬場馬術個人グランプリ

 馬場馬術(団体、個人)の2日間にわたるグランプリの2日目を行い、日本五輪史上最年長の67歳、法華津寛(アバロン・ヒルサイドファーム)は35位だった。1日目に競技を行った八木三枝子(58=新大宗ドレッサージュチーム)は42位、北井裕子(35=ミキハウス)は45位で、日本勢は上位25人によるグランプリスペシャルに進めなかった。団体はドイツが7連覇、日本は10位だった。

 愛馬ウィスパーが突然立ち上がり、後ろ向きに走り始めた。44年ぶりに踏んだ大舞台でのアクシデント。馬場との相性が悪かった。法華津は「あそこまでひどいことは、今までなかった」。ウィスパーは牝馬で、性格は繊細。馬場の近くにある大きなスクリーンの映像を嫌って立ち上がった。香港入りしてからの馬場を使った練習では毎回スクリーンに気を取られた。法華津は、本番で馬場に入ってくれない可能性も覚悟したという。高温多湿な香港。当初は気候対策が課題だったが、現地入りしてからは、馬がスクリーンを気にしないように腐心する日々を送った。

 今は妻元子さん(60)と一人娘(34)を日本に残し、単身ドイツで暮らす。半年ほど前、元子さんに「五輪後にゆっくり旅行でも行こうか」と言い出したが、元子さんは「馬がいる限り、乗り続けるに決まってる。当分、実現しないな」とあきらめている。

 12年ロンドン五輪は…。「今まで私は、馬に乗るのをやめたことはない。今後もやめるつもりはない」と力強く誓った。71歳で3度目の夢舞台に挑んでいるかもしれない。

 [2008年8月15日8時54分 紙面から]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。



写真を拡大する
杉谷決勝ラウンド逃す
[2008年8月19日] 
写真を拡大する
日本勢は好発進
[2008年8月16日] 
写真を拡大する
馬場馬術団体に出場
[2008年8月15日] 
写真を拡大する
25位以内に入れず
[2008年8月15日] 
写真を拡大する
出場した八木選手
[2008年8月14日] 
写真を拡大する
大岩は55位に後退
[2008年8月11日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.