このページの先頭




フェンシング

フェンシングメニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日程
  4. 結果
  5. 日本代表名鑑
  6. 競技メモ

太田歴史に名を刻む銀/フェンシング

銀メダルに終わり、肩を落とす太田(撮影・蔦林史峰)
銀メダルに終わり、肩を落とす太田(撮影・蔦林史峰)

<北京五輪:フェンシング>◇13日◇男子フルーレ個人決勝

 金メダルまで、あと一歩届かなかったが、歴史に名を刻んだ。アテネ五輪9位の太田雄貴(京都ク)が快進撃を見せて決勝まで勝ち進み、2007年世界選手権3位のクライブリンク(ドイツ)に9-15で敗れたものの、銀メダルを獲得した。フェンシングで個人、団体を通じて日本勢では初のメダルを手にした。

 1、2回戦を勝ち上がった太田は、準々決勝で世界ランク1位のヨピッヒ(ドイツ)を15-12で破る大金星。さらに準決勝でアテネ五輪銀メダルのサンツォ(イタリア)に15-14で競り勝った。

 決勝では相手がポイントするたびに雄たけびを上げたが、ひるむことなく前へ突き進んだ。負けはしたが、見事な銀メダル獲得に太田も「率直に喜んでいいんじゃないですか。(全体を通じて)自分のパフォーマンスができた」と、話していた。

 [2008年8月13日23時18分]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。



写真を拡大する
太田は会見で笑顔
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
ロンドン五輪に意欲
[2008年8月19日] 
写真を拡大する
太田は姉と笑顔で握手
[2008年8月19日] 
写真を拡大する
姉と握手する太田選手
[2008年8月18日] 
写真を拡大する
金の上野と銀の太田
[2008年8月14日] 
写真を拡大する
攻める太田
[2008年8月14日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.