このページの先頭




フェンシング

フェンシングメニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日程
  4. 結果
  5. 日本代表名鑑
  6. 競技メモ

太田歴史を変えた銀メダル/フェンシング

男子フルーレ決勝 クライブリンク(左)を攻める太田(撮影・蔦林史峰)
男子フルーレ決勝 クライブリンク(左)を攻める太田(撮影・蔦林史峰)

<北京五輪:フェンシング>◇13日◇男子フルーレ個人

 “ニート剣士”が大仕事をやってのけた! フェンシングの男子フルーレで世界ランク10位の太田雄貴(22=京都ク)が、歴史的な銀メダルを獲得した。準決勝で同7位のサンツォ(イタリア)に15-14で劇勝。決勝では過去5戦全敗で同6位のクライブリンク(ドイツ)に9-15で敗れたが、日本にフェンシング界史上初のメダルをもたらした。競技を始めた8歳から12年間、4300日以上も休まずに練習した根性の男。今春の同大卒業後も就職せず、剣一筋に打ち込んできたサムライが世界を驚かせた。

 8歳から握りしめてきた剣が、イタリア剣士の左胸とメダルをとらえた。準決勝14-14、最後の一撃を争う極限の戦い。無職の男がメダリストに転身した瞬間だった。マスクを脱いだ太田の白い歯と赤いほおが、スポットライトに照らされる。「小さい時からの夢だった」。剣を天に掲げて喜びを爆発させた。

 力を使い果たし、続く決勝では過去5戦全敗のクライブリンクに9-15と敗れた。金メダルこそならなかったが、日本フェンシング界に史上初のメダルをもたらした。準々決勝では世界ランク1位のヨピッヒを破る金星も挙げた。「率直に喜んでいいと思う。自分のパフォーマンスはできた」と胸を張った。

 取り囲む報道陣に「『就職先募集中』と書いておいてください」とアピールも忘れなかった。今年3月の同大卒業後、就職も進学もしなかった。人生のすべてを剣にささげてきた。マイナー競技にスポンサーはつかない。「フェンシングでは食っていけない」。それでも一般企業に入社して“兼業”でやるという選択肢を、競技に専念するためあきらめた。

 07年2月から日本協会が都内で始めた「500日合宿」に参加して衣食住は保証されていたが、収入はゼロ。遊ぶカネも時間もなかった。社会人として働く友人たちに「まるでニートやな」と言われながら、毎日午前9時から午後9時まで練習に明け暮れた。故郷大津を離れて初めての1人暮らし。うどんをすすりながら、ホームシックなりかけたこともあった。

 8歳だった94年5月、元選手の父義昭さん(55)から「スーパーファミコンを買ってやるから」と誘われて剣を握った。以後は毎日が練習。修学旅行も剣と一緒だった。04年5月に左足首の靱帯(じんたい)を断裂した時も、自宅の床に座って義昭さんと剣を交えた。教員の父に遠征費200万円を出してもらって出場権を得たアテネ五輪は9位。悔いだけが残った。

 その後は国内大会でも負けが続くスランプに陥った。「もう(競技を)やめたい」と先輩に相談。06年3月に競技を始めて以来4300日以上も無休で続けてきた練習を初めて休んだ。12年ぶりに剣を握らない1日を過ごし、自分を見つめ直した。再び心が燃え上がった。

 「フェンシングをメジャーにしたい」という思いを胸に剣の道を歩んできた若きサムライ。色は銀でも“最高のギフト”を日本に持ち帰る。【太田尚樹】

 [2008年8月14日8時32分 紙面から]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。



写真を拡大する
太田は会見で笑顔
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
ロンドン五輪に意欲
[2008年8月19日] 
写真を拡大する
太田は姉と笑顔で握手
[2008年8月19日] 
写真を拡大する
姉と握手する太田選手
[2008年8月18日] 
写真を拡大する
金の上野と銀の太田
[2008年8月14日] 
写真を拡大する
攻める太田
[2008年8月14日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.