このページの先頭




体操

体操メニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日程
  4. 結果
  5. コラム
  6. 日本代表名鑑
  7. 競技メモ

世界と戦うにはA得点アップを

2008年8月20日

 大会を通して中国の圧倒的な強さを感じた。日本男子は、団体総合の銀メダル、個人総合で最年少内村が銀を取ったことは評価できる。しかし、世界と戦うためにはA得点(演技価値点)の差を埋めなければならない。最終種目の鉄棒でも、優勝した鄒凱(中国)と日本勢のA得点は、0・6離れていた。演技の前から大きな差を背負い、さらに減点が厳しくなった着地でミスが出て離された。

 中国スタッフは、8年という長いスパンで準備してきたと話していた。その間に採点方法が変わっても、いち早く対応できる、技術の高い選手がそろっていた。日本はB得点(演技実施点)が高い、美しい演技の伝統を前提として、A得点アップを体操界全体だけでなく、各選手の所属先が考えなければならない。(アテネ五輪男子代表監督、順大監督)

加納実(かのう・みのる)

 1951年(昭和26年)1月20日、埼玉県生まれ。蕨(わらび)高から順大。同大大学院に進み、現在は同大教授。04年7月に日本代表男子の監督に就任しアテネ五輪でチームを率いた。163センチ、58キロ。




ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.