このページの先頭




体操

体操メニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日程
  4. 結果
  5. コラム
  6. 日本代表名鑑
  7. 競技メモ

男子団体2位で決勝、中国と決戦/体操

【体操男子予選】内村航平の床運動(共同)
【体操男子予選】内村航平の床運動(共同)

<北京五輪:体操>◇9日◇男子予選

 2連覇を狙う日本は369・550で2位。世界選手権3連覇中のライバル中国が374・675と日本に大差をつけて1位で通過した。3位はロシア、4位に米国が続いた。

 感動の団体総合優勝を飾ったアテネ大会から4年。日本は中国と同じ2班で演技したが、5点以上の差をつけられた。特に苦手のあん馬で3番手の内村が落ちると、スペシャリストの鹿島までもが落下。中国に得点で大きく水をあけられた。ただし、予選の得点は決勝に持ち越さないだけに、ライバルともう1度勝負できる。8チームによる決勝は持ち点なしで12日に行われる。

 個人総合は世界選手権2連覇中の楊威(中国)が93・875点で1位。内村航平(日体大)が4位、坂本功貴(順大)が5位。冨田洋之(セントラルスポーツ)は6位。

 [2008年8月10日4時24分]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。




写真を拡大する
メダル手に記念撮影
[2008年8月21日] 
写真を拡大する
メダル手にする体操男子
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
悔しそうな表情の冨田
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
着地に失敗する冨田
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
バランスを崩す鶴見
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
冨田の演技
[2008年8月19日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.