このページの先頭




体操

体操メニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日程
  4. 結果
  5. コラム
  6. 日本代表名鑑
  7. 競技メモ

大健闘!日本女子団体が5位/体操

団体総合決勝 鶴見虹子の床運動=国家体育館(共同)
団体総合決勝 鶴見虹子の床運動=国家体育館(共同)

<北京五輪:体操>◇13日◇女子団体総合決勝

 体操女子が鮮やかに復活した。日本は床運動、跳馬を終えた時点で8チーム中の8位だったが、後半に巻き返し、段違い平行棒と平均台で躍進。176・700点と得点を伸ばし、5位でフィニッシュした。

 1984年ロサンゼルス五輪(6位)以来24年ぶりの入賞を決めていた女子団体は、68年メキシコ五輪の4位以来の好成績を収めた。

 男子団体はアテネの金、今大会も銀を獲得。体操ニッポンの復活は、女子でも実りつつある。女子チームを率いる塚原千恵子監督も「これだけのノーミスは最近ない。信じられないことが起きた」と、選手に奮闘をたたえた。

 終始笑顔で演技を続けた選手たちも、終盤の追い上げが実り、抱き合って喜んだ。15歳のエース鶴見虹子は「自分の演技をすることだけ考えてました。点数は気にしてなかったけど、終わってから(掲示板を)見たら、結構いいところにいてビックリしました」と、5位入賞にも落ち着いて答えていた。

 優勝は男子続き、地元中国が188・900点で初の金メダル。2位米国、3連覇を目指したルーマニアは3位だった。

 [2008年8月13日17時18分]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。




写真を拡大する
メダル手に記念撮影
[2008年8月21日] 
写真を拡大する
メダル手にする体操男子
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
悔しそうな表情の冨田
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
着地に失敗する冨田
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
バランスを崩す鶴見
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
冨田の演技
[2008年8月19日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2019,Nikkan Sports News.