このページの先頭




体操

体操メニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日程
  4. 結果
  5. コラム
  6. 日本代表名鑑
  7. 競技メモ

19歳内村銀で自信「4年後は金」/体操

体操男子個人総合で銀メダルを獲得した内村航平(撮影・田崎高広)
体操男子個人総合で銀メダルを獲得した内村航平(撮影・田崎高広)

<北京五輪:体操>◇14日◇男子個人総合決勝

 体操ニッポンに若きエースが誕生した。個人総合決勝で、内村航平(19=日体大)が91・975点で銀メダルを獲得した。楊威(中国)が94・575点で初優勝。

 日本選手の個人総合のメダルは、1984年ロサンゼルス五輪で金メダルに輝いた具志堅幸司以来24年ぶり。団体では中国に敗れ2位に終わった日本だが、2012年ロンドン五輪へ「体操王子」が弾みをつける。

 内村の強い精神力が銀メダルを呼び込んだ。2種目目のあん馬で2度落下。落胆の表情を浮かべて演技を終え、内村への期待がしぼんだ。「気分は落ちていたけど、いつも通りやろうと自分に言い聞かせました」。前半を終えて23位まで後退したが、若武者は猛烈な巻き返しをみせた。

 4種目目の跳馬でピタリと着地を決めて16・300点を挙げるなど、グイグイと順位が上がっていく。他の選手が次々とミスで後退していく中で、内村は2位まで浮上した。

 団体に続く銀メダル獲得。「体操の世界で2番は自信になるし、うれしい」と素直に喜んだ。4年後へ、早くも金メダルの期待も膨らむ。「色が金じゃないので、4年後は金になるよう頑張りたい」と話していた。 

 [2008年8月14日18時51分]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。




写真を拡大する
メダル手に記念撮影
[2008年8月21日] 
写真を拡大する
メダル手にする体操男子
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
悔しそうな表情の冨田
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
着地に失敗する冨田
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
バランスを崩す鶴見
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
冨田の演技
[2008年8月19日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.