このページの先頭




体操

体操メニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日程
  4. 結果
  5. コラム
  6. 日本代表名鑑
  7. 競技メモ

鶴見、大島、女子個人総合決勝経過/体操

女子個人総合決勝、段違い平行棒での鶴見(共同)
女子個人総合決勝、段違い平行棒での鶴見(共同)

<北京五輪:体操>◇15日◇女子個人総合決勝

 すべての種目を終え、鶴見虹子は17位、大島杏子は20位だった。

<最終種目>

 鶴見は跳馬で得点を伸ばすことができず、トータル58・100点の17位に終わった。

 大島はトータル57・625点で20位だった。

 リューキンが63・325点で金メダル。昨年の世界選手権女王ジョンソンは2位、楊伊琳が3位だった。

<3種目目>

 前半を8位で折り返した鶴見は、床運動ではラインオーバーなどで減点され、13・675点。最終種目の跳馬を残し、44・025点で15位と順位を落とした。

 大島は43・650点の16位。

 予選2位のリューキンが47・800点でトップ。団体総合との2冠を目指す楊伊琳が0・150点差の2位、昨年の世界選手権女王ジョンソンが47・200点で3位。

<2種目目>

 鶴見は平均台で15・400点を挙げ、前半2種目を終えて30・350点で8位につけた。

 大島は2種目を終えて28・975点の18位。

 2種目目の段違い平行棒で16・725の高得点を挙げた楊伊琳が31・900点でトップ。ジョンソンは31・150点で5位。

<1種目目>

 鶴見は1種目目の段違い平行棒で14・950点で11位のスタートとなった。

 大島は1種目目の床運動で14・400点、16位で滑りだした。

 鶴見と同じ組で回るニストル(ルーマニア)が15・975点でトップ。跳馬から演技を開始した昨年の世界選手権女王ジョンソンが15・875点で2位につけた。

<まもなく開始>

 15歳の鶴見虹子(朝日生命ク)は2組で段違い平行棒から演技を開始。平均台、床運動、跳馬の順で演技する。

 前回アテネ五輪では決勝に進めなかった大島杏子(朝日生命ク)は4組で床運動からスタート。

 予選1位で昨年の世界選手権女王ジョンソン、予選2位のリューキン(ともに米国)、団体総合との2冠を狙う楊伊琳(中国)らは1組で跳馬から演技。

 [2008年8月15日14時9分]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。




写真を拡大する
メダル手に記念撮影
[2008年8月21日] 
写真を拡大する
メダル手にする体操男子
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
悔しそうな表情の冨田
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
着地に失敗する冨田
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
バランスを崩す鶴見
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
冨田の演技
[2008年8月19日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2019,Nikkan Sports News.