このページの先頭




体操

体操メニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日程
  4. 結果
  5. コラム
  6. 日本代表名鑑
  7. 競技メモ

体操ニッポンが連覇ピンチ!/体操

つり輪で演技する冨田(撮影・田崎高広)
つり輪で演技する冨田(撮影・田崎高広)

<北京五輪:体操>◇9日◇男子予選

 体操ニッポンが予選で中国に完敗した。チーム最年長の鹿島丈博(28=セントラルスポーツ)が得意のあん馬でまさかの落下などミスが目立ち、合計369・550点で2位。ライバルの首位中国に5点以上の大差をつけられた。予選の得点は持ち越されないため、日本は12日の団体決勝に連覇の望みを託す。個人総合決勝へはエース冨田洋之(27)と最年少の内村航平(19)が駒を進めた。

 誰もが目を疑った。あん馬で03年種目別世界王者の鹿島がまさかの落下。E難度の大技「メリーゴーラウンド」の直前、右手がポメル(取っ手部分)をつかみ損ねて力なく両足をマットについた。「何も言い訳できない。申し訳ない」。種目別決勝の進出も逃したスペシャリストは、右手を見つめてため息をついた。

 日本の合計点は369・550。ロシアや米国など「3位グループ」には差をつけたが、374・675点の中国とは大差がついた。苦手のあん馬とつり輪でつけられた5点近いビハインドが、そのまま点差になった。具志堅監督は「力は中国の方が上と認めざるを得ない。(団体決勝では)米国やロシアに負けないようにしないと。この大会が終わったら(選手強化は)もう1回、振り出しですね」と厳しい言葉を並べた。

 完全アウェーのムードにのみ込まれた。会場を埋めた2万人近い大観衆のほとんどが中国人。ブーイングこそなかったが、つり輪で不当に低い点数を出された冨田は「やりにくい雰囲気はあった」と漏らした。

 状況は厳しいが、あきらめるわけにはいかない。内村と坂本の大学生コンビが個人総合4、5位につけるなど気を吐いた。いつも通り昼食抜きで臨んだ19歳内村は「全然緊張しなかったっス」と笑顔。選手村では代表6人全員が同じゲームソフトで遊ぶなど“一丸”となっているという。

 予選の得点は持ち越されず、真の勝負はゼロから始まる。前回アテネ五輪では団体決勝で中国がミスを連発。得点方式が6-5-4制から6-3-3制に変わり、失敗の許されない状況となる今大会こそ日本の「美しい体操」が生きる。鹿島は「ミスが出ないようにするのが前提。何点差が開いても気にすることはない」と視線を上げた。連覇への道は、まだ閉ざされてはいない。【太田尚樹】

 [2008年8月10日9時11分 紙面から]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。




写真を拡大する
メダル手に記念撮影
[2008年8月21日] 
写真を拡大する
メダル手にする体操男子
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
悔しそうな表情の冨田
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
着地に失敗する冨田
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
バランスを崩す鶴見
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
冨田の演技
[2008年8月19日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.