このページの先頭




柔道

柔道メニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日本選手速報
  4. 日程
  5. 結果
  6. コラム
  7. 日本代表名鑑
  8. 競技メモ

通路の床で静かに精神統一

2008年8月14日

 初戦こそ硬かったが、決勝まで5試合とも上野の良さが存分に出た。常に技をかけ続けられた。特に小内刈り、大内刈りで崩して寝技に持ち込む連続技は(84年ロサンゼルス五輪無差別級金の)山下(泰裕)先生をほうふつさせる。代表クラスでも投げたら投げっぱなしで技が途切れる傾向がある中、常に技がつながるのは上野だけ。ズバぬけた集中力があるからだ。

 試合前、畳に上がる直前まで通路の床に座禅のように座り、静かに精神統一していた。他の代表選手には見られない印象的な姿だった。もともと(女子代表の)日蔭監督の言うことしか聞かないような芯の強さがある。性格的にも浮き沈みの激しいタイプだが、4年に1度しかない大舞台で集中力を高めることができる独特な方法を持っているのも、ほかの選手が学ぶべき部分だろう。(84年ロサンゼルス五輪60キロ級金メダリスト)

細川 伸二(ほそかわ・しんじ)

 1960年(昭35)1月2日、兵庫県一宮町(現・宍粟市)生まれ。天理高-天理大。77年に高校総体柔道個人戦の軽量級で優勝、80年に全日本学生体重別選手権を制し、学生時代からその才能は高く評価されていた。奈良工教諭だった84年にロサンゼルス五輪に出場、男子60キロ級で金メダルを獲得した。いったん、現役を退いたが87年に復帰し88年ソウル五輪に出場して銅メダルを手にした。
 現在は天理大教授で後進の指導に当たっている。




ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.