このページの先頭




柔道

柔道メニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日本選手速報
  4. 日程
  5. 結果
  6. コラム
  7. 日本代表名鑑
  8. 競技メモ

日本柔道復活へ実績優遇せず選考は横一線

 全柔連の吉村和郎強化委員長(57)は27日、12年ロンドン五輪へ向けて、現役続行に意欲を見せている女子48キロ級谷亮子(32=トヨタ自動車)、男子60キロ級野村忠宏(33=ミキハウス)らベテランを優遇しない方針を示唆した。都内で行われた男女の強化委員会終了後、「横一線」の状況で代表選考を行う意向を明かした。苦戦が予想される4年後のロンドン五輪でメダルラッシュを実現するため、日本柔道が厳しい姿勢を貫く。

 ベテランの特別扱いはしない-。吉村強化委員長は「今後は最終選考会だけ(出て代表になる)というのは通用しない。谷が2年間休んで世界代表ということはなくなる。野村もそう。(選考は)横一線ということ」と、毅然(きぜん)とした表情で言い切った。

 谷や野村らベテラン勢は出産・育児や故障などによる長期休養を経て、一発勝負の五輪選考会に臨んだ。谷は優勝した07年世界選手権も北京五輪も選考会で敗れながら、実績を考慮され代表入りした。しかし、今回は銅メダル。男女8個の金メダルを獲得したアテネ五輪から、今回4個と半減したこともあり、ロンドン五輪を見据えて、ベテランにも厳しい姿勢で臨む。

 そうしなければならない事情もある。国際柔道連盟(IJF)が実現へ動いているグランプリ(GP)構想の存在だ。テニスのツアーのようにGPに指定された大会に出場し、成績によりポイントを獲得。得点による世界ランクを決め、ランク上位の選手を五輪に出場させるというものだ。これが行われた場合には、GPの数大会に出て自ら得点を稼がなければ、五輪出場の道が閉ざされることになる。

 「谷や野村も全柔連が指定した大会に出なければ、『お前は五輪に出られないよ』ということになる」と吉村委員長。もっともGPが実現しない場合でも、同委員長は「特別扱いはしない」と断言。テレビ番組でロンドン五輪を目指すと発言した谷、故障からの復帰を目指す野村は、さらに厳しい戦いを強いられることになる。【菅家大輔】

 [2008年8月28日9時51分 紙面から]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。




写真を拡大する
石井と斉藤監督
[2008年8月27日] 
写真を拡大する
上野・中村が結果報告
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
1番ポーズの石井
[2008年8月18日] 
写真を拡大する
帰国した柔道陣
[2008年8月17日] 
写真を拡大する
金メダルを見せる石井
[2008年8月16日] 
写真を拡大する
石井は感極まり絶叫
[2008年8月16日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.