このページの先頭




近代5種

近代5種メニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日程
  4. 結果
  5. 日本代表名鑑
  6. 競技メモ

村上巻き返せず31位/近代5種

【近代5種】ランニングを終え、笑顔で声援に応える村上佳宏(共同)
【近代5種】ランニングを終え、笑顔で声援に応える村上佳宏(共同)

<北京五輪:近代5種>◇21日◇男子個人射撃、フェンシング、水泳、馬術、ランニング

 日本勢として16年ぶりに出場した村上佳宏(自衛隊)は4784点で31位に終わった。アテネ五輪金メダルのモイセエフ(ロシア)が5632点で優勝し、2連覇を達成した。

 村上は最初の射撃で19位。続くフェンシング、水泳、馬術で得点を伸ばせず、27位でスタートした最後のランニングでも巻き返せなかった。

 村上佳宏の話 射撃で波に乗れなかった。結果はふがいないが、自分の力が出せた。精いっぱいやった。悔いはない。初めての五輪は楽しかった。

 [2008年8月22日0時55分]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。



写真を拡大する
声援に応える村上
[2008年8月21日] 
写真を拡大する
意気込みを語る村上
[2008年5月26日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.