このページの先頭




五輪一般

五輪一般メニュー
  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース

オグシオ並んで入場、鈴木桂治は悠然

北京五輪開会式で入場行進する小椋久美子(左)と潮田玲子(右)(共同)
北京五輪開会式で入場行進する小椋久美子(左)と潮田玲子(右)(共同)

 「4年間、ここを目指してやってきた」。日本選手団は日本と中国の国旗を手に23番目に入場。歓声に応えるように、2つの旗を振りながらスタンドに笑顔を振りまいた。

 グレーのブレザーに白いパンツ、靴のスタイルの日本選手団。「ベストを尽くすだけ」と大会への決意を示した旗手の福原愛(19)が小さな体で日の丸を支えながら先頭をゆっくりと行進。入場当初は後ろの選手を何度も振り返り、硬い表情だったが、次第に笑みが広がった。

 「金メダルを見据えて戦う。日本の柔道の神髄を世界に示したい」と闘志を燃やしていた主将の鈴木桂治(28)。福原の後を大きな体で悠然と歩きながら、笑顔で周囲を見回した。

 バドミントン女子の小椋久美子(25)は「4年間の思いをぶつけたい」と話し、ペアの潮田玲子(24)と並んで入場。2人は雰囲気を楽しむように笑顔いっぱい。

 選手たちは体を大きく左右に揺らして日中の旗を振ったり、会場の女性スタッフとなごやかに笑顔を交わしたりして、祭典ムードを満喫していた。

 [2008年8月9日3時3分]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。




写真を拡大する
談笑する北島と福原愛
[2008年8月26日] 
写真を拡大する
団長の福田氏
[2008年8月26日] 
写真を拡大する
花火で始まった閉会式
[2008年8月24日] 
写真を拡大する
箭門
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
栄宝斎
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
異例の武術大会始まる
[2008年8月21日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2019,Nikkan Sports News.