このページの先頭




五輪一般

五輪一般メニュー
  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース

消化不良、取りこぼし…金2ケタ厳しい

 北京五輪の競技本格開始から7日目となった15日、日本選手団幹部が北京市内で中間総括の記者会見を行い、福田富昭団長は金メダル2けた、メダル総数30個以上という目標について「近づけるべく努力したい」と話し、両方の達成は厳しい状況になりつつあるとの認識を示した。

 14日まで日本は競泳男子の北島康介(日本コカ・コーラ)の平泳ぎ2冠など金5、銀3、銅3を手にしたが、金16、銀9、銅12の計37個を獲得した前回アテネ大会の序盤のような勢いはない。メダルを量産できないお家芸の柔道を含め「消化不良」「取りこぼし」という表現で、計算外の敗退が多い状況を認めた。

 上村春樹総監督は出身競技の柔道が波に乗り切れない状況を「負け方が悪い。選手は自分の力を出し切れず、空回りした」と分析した。北島らの優勝者を引き合いに出して「独特のプレッシャーに勝たないといけない」と指摘した。

 [2008年8月15日18時51分]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。




写真を拡大する
談笑する北島と福原愛
[2008年8月26日] 
写真を拡大する
団長の福田氏
[2008年8月26日] 
写真を拡大する
花火で始まった閉会式
[2008年8月24日] 
写真を拡大する
箭門
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
栄宝斎
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
異例の武術大会始まる
[2008年8月21日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2019,Nikkan Sports News.