このページの先頭




五輪一般

五輪一般メニュー
  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース

4年後ロンドンは「平和の祭典」へ回帰

 国家の威信を懸け政治の影がつきまとった北京から、五輪旗がロンドンに渡った。1908年、48年に続く3度目の開催となるロンドンは、近代五輪をリードしてきた自負を背景に、2012年開催で新たな五輪像を打ち出す構え。五輪本来の理念である「平和の祭典」を重視、欧州が得意とする環境技術を駆使した「エコ五輪」も目指す。音楽や演劇など英国が誇る豊富な文化面のソフトを総動員、弾けるような「お祭り感覚」が最大の持ち味になる。

 24日午後のロンドン。未明からの雨が上がり、バッキンガム宮殿周辺には数万人の市民が繰り出した。大型スクリーンに五輪旗引き渡しのシーンが映ると、歓呼の声が響きわたった。

 キーワードは「すべての人のための五輪」(ロンドン五輪組織委員会)。北京の閉会式にも登場したサッカーのベッカムやレッド・ツェッペリンのジミー・ペイジら大スターを動員するなど「スポーツにとどまらない独創性」(コー同組織委会長)を前面に、“ワクワク感”の演出を狙っている。

 [2008年8月25日9時20分]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。




写真を拡大する
談笑する北島と福原愛
[2008年8月26日] 
写真を拡大する
団長の福田氏
[2008年8月26日] 
写真を拡大する
花火で始まった閉会式
[2008年8月24日] 
写真を拡大する
箭門
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
栄宝斎
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
異例の武術大会始まる
[2008年8月21日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.