このページの先頭




サッカー

サッカーメニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日本戦速報
  4. 日程
  5. 結果
  6. コラム
  7. 日本代表名鑑
  8. 競技メモ

日本の五輪史


1996年アトランタ予選

日本のエース前園が2ゴール
1996年3月25日の日刊スポーツ一面
1996年3月25日の日刊スポーツ一面

 ◇1996年3月24日◇アトランタ五輪予選準決勝 サウジアラビア戦◇シャーアラム・スタジアム

 【クアラルンプール(マレーシア)24日=桝田朗、横田和幸】前園が世界のワザで五輪キップをつかみ取った。サッカー日本五輪代表が、準決勝でサウジアラビアを2-1で下し、1968年(昭43)メキシコ大会以来28年ぶりの五輪出場権を獲得した。エース前園真聖(22=横浜F)が前半4分、絶妙のパス回しから中央突破し先制ゴール。後半12分にも自ら追加点を挙げた。全国のファンが待っていた悲願を達成し、「日本の至宝」が世界のサッカー界にアピールする時が来た。

 日本を28年ぶりの五輪、アトランタに運んだのは、エース前園だった。今大会最強といわれたサウジアラビアの堅固なディフェンスを、正面からこじ開けた。前半4分だ。中央から、広長がポストの城に当てたところへ、トップスピードで前園が走り込む。GKの前に、あっと言う間に飛び出して先制のゴールを決めた。「城とのコンビはすごくうまく合った」と、高校時代からコンビを組む城との連係に、満足そうに話した。

 日本不利が前評判だった。通常より1枚守備の選手を増やした日本に、前園の1点は値千金だった。主導権を握り、攻め込まれながらも日本のペースをつくり上げた。そして、後半12分。一方的に攻められ、サウジぺースになった時に、またも前園の一撃がさく裂した。中盤からペナルティーエリア内の伊東に目の覚めるようなパスを送ると、一気に15メートルを加速して、再びゴール前へ。相手DFがぼう然と見送るなか、やすやすと2点目を決めた。

 「2点でも勝てるとは思わなかった。最後まで、本当に苦しかった」と前園は振り返った。攻撃だけでなく、相手ボランチで主将のアルハルビのマンマークも、きっちりこなしていた。最後は足がもつれフラフラになりながら、守備に戻り、「集中を切らすな! 最後まで戦え!」と仲間を励まし続けた。そして、試合終了。前園はシャーアラム・スタジアムのグラウンドで大の字になり、勝利をかみしめていた。

 日本の若きエース前園は、大会前から公式プログラムでも1ページで紹介され、注目の存在だった。「ゾノ」は日本をアトランタへ連れていくことができるか? プログラムの見出しは、アジアでの前園の認知度を示すものだった。エースというだけでなく、前園には主将という重責もあった。警告の累積で初戦のイラク戦は欠場。大会直前の練習で覇気がないチームメートに怒りを爆発させたこともあった。

 そんなうっぷんを、第2戦のオマーン戦、そして準決勝とチームの最も大事な2試合で2点ずつ取って晴らした。今大会の日本は、ただ勝つだけではなく、チーム戦術、チームワークなど、相手チームの監督から高い評価を得た。高度な能力を持ちながら、自分の能力をチームの中で最大限に引き出す。前園はここ数年でアジアNO・1の実力にのし上がったといわれる日本の象徴だ。

 五輪出場を決め、残るは27日の決勝戦。「アジアのチャンピオンとして出たい。その上で、五輪で自分をアピールしたい」。日本のエースは、アトランタで世界へ羽ばたこうとしている。

[1996年3月25日付紙面から]

試合別データ
監督
西野 朗
コーチ
山本 昌邦
第1ステージ第1戦
年月日 スコア 相手 得点者 場所
1996/03/16 △1-1 イラク マレーシア・クアラルンプール
ポジション 選手名
GK 川口 能活
DF 鈴木 秀人  →白井 博幸
田中 誠  →秋葉 忠宏
上村 健一
MF 森岡 茂  →遠藤 彰弘
伊東 輝悦
廣長 優志
菊池 利三
中田 英寿
FW 松原 良香
城 彰二
第1ステージ第2戦
年月日 スコア 相手 得点者 場所
1996/03/18 ○4-1 オマーン 前園2、城、中田英 マレーシア・クアラルンプール
ポジション 選手名
GK 川口 能活
DF 白井 博幸
田中 誠
上村 健一
MF 森岡 茂  →遠藤 彰弘
伊東 輝悦
廣長 優志
菊池 利三  →路木 龍次
前園 真聖
中田 英寿
FW 城 彰二  →松原 良香
第1ステージ第3戦
年月日 スコア 相手 得点者 場所
1996/03/20 ○1-0 UAE 上村 マレーシア・クアラルンプール
ポジション 選手名
GK 川口 能活
DF 白井 博幸
田中 誠
上村 健一
MF 遠藤 彰弘
伊東 輝悦
廣長 優志
路木 龍次  →服部 年宏
中田 英寿  →安永 聡太郎  →秋葉 忠宏
前園 真聖
FW 城 彰二
第2ステージ(準決勝)
年月日 スコア 相手 得点者 場所
1996/03/24 ○2-1 サウジアラビア 前園2 マレーシア・クアラルンプール
ポジション 選手名
GK 川口 能活
DF 鈴木 秀人
田中 誠
上村 健一
白井 博幸
MF 遠藤 彰弘  →中田 英寿
伊東 輝悦
廣長 優志
服部 年宏
前園 真聖
FW 城 彰二
第2ステージ(決勝)
年月日 スコア 相手 得点者 場所
1996/03/27 ●2-1 韓国 マレーシア・クアラルンプール
ポジション 選手名
GK 川口 能活
DF 鈴木 秀人  →松原 良香
田中 誠
上村 健一
白井 博幸
MF 森岡 茂  →中田 英寿
伊東 輝悦
廣長 優志
服部 年宏  →路木 龍次
前園 真聖
FW 城 彰二
アトランタ五輪予選登録メンバー
No. 選手名 年齢 所属
1 川口 能活 20 横浜M
2 白井 博幸 21 清水
3 鈴木 秀人 21 磐田
4 菊池 利三 22 V川崎
5 田中 誠 20 磐田
6 服部 年宏 22 磐田
7 前園 真聖 22 横浜F
8 伊東 輝悦 21 清水
9 城 彰二 20 市原
10 安永 聡太郎 19 横浜M
12 森岡 茂 22 G大阪
13 廣長 優志 20 V川崎
14 中田 英寿 19 平塚
15 秋葉 忠宏 20 市原
16 松原 良香 21 清水
17 路木 龍次 22 広島
18 柳沢 敦 18 鹿島
19 下田 崇 20 広島
20 遠藤 彰弘 20 横浜M
25 上村 健一 21 広島

※年齢、所属は当時

【各ポジションの意味】
  • GK=ゴールキーパー
  • FB=フルバック
  • HB=ハーフバック
  • FW=フォワード
  • RB=ライトバック
  • LB=レフトバック
  • RH=ライトハーフバック
  • CH=センターハーフバック
  • LH=レフトハーフバック
  • OR=アウトサイドライト
  • IR=インサイドライト
  • CF=センターフォワード
  • IL=インサイドレフト
  • OL=アウトサイドレフト
  • DF=ディフェンダー
  • MF=ミッドフィルダー

男子代表

1936年ベルリン大会
準々決勝敗退
詳細へ
1956年メルボルン大会
1回戦敗退
詳細へ
1964年東京大会
準々決勝敗退
詳細へ
1968年メキシコ大会
銅メダル
詳細へ
1996年アトランタ大会
グループリーグ敗退
予選詳細へ
本戦詳細へ
2000年シドニー大会
準々決勝敗退
予選詳細へ
本戦詳細へ
2004年アテネ大会
グループリーグ敗退
予選詳細へ
本戦詳細へ

女子代表

1996年アトランタ大会
グループリーグ敗退
詳細へ
2000年シドニー大会
第3回女子世界選手権の成績により参加できず
2004年アテネ大会
準々決勝敗退
詳細へ



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2019,Nikkan Sports News.