このページの先頭




サッカー

サッカーメニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日本戦速報
  4. 日程
  5. 結果
  6. コラム
  7. 日本代表名鑑
  8. 競技メモ

日本の五輪史


2000年シドニー予選

日本、平瀬智行の2発で五輪出場決定
1999年11月7日の日刊スポーツ一面
1999年11月7日の日刊スポーツ一面

 ◇1999年11月6日◇シドニー五輪予選 カザフスタン戦◇国立競技場

 劇的勝利で日本が五輪切符をつかんだ。さあ、次はシドニーだ。五輪アジア最終予選でカザフスタンを3-1で破り、3連勝で勝ち点「9」としC組1位を確定させた。最終タイ戦(13日)を残して2大会連続6回目の出場。前半を0-1とリードされたが、後半にFW平瀬智行(22=鹿島)の2ゴールで大逆転、終了間際にはMF中村俊輔(21=横浜)がFKを直接決めてダメを押した。劣勢からの大差勝ち、「最強世代」と呼ばれるUー22(22歳以下)日本代表が底力を見せつけた。

 五輪出場決定を告げるホイッスルが、鳴った。歓喜の大音響のこだまするスタンドで、平瀬が中村が、史上最強の日本イレブンが抱き合い万歳。髪を振り乱してトルシエ監督が喜びを爆発させた。やった、勝った、2大会連続の五輪だ。苦しい展開だったからこそ強さが際立った。

 史上最高の13連勝でつかんだ五輪。だが、前半は硬さもあった。10月17日のタイ戦と違い、キックオフ前から足のストレッチをする選手が目立ったのも、その表れか。まさかの失点で前半は0-1。だが、そこからが底力だ。後半25分、平瀬が中田のセンタリングを頭で決め同点。同41分には再び平瀬が、中村からのスルーパスをゴールに突き刺して勝ち越した。平瀬は「ヒデさんと俊輔のおかげ。どちらも素晴らしいゴールだった」と胸を張った。自分たちのサッカーで勝利、そして五輪を呼び込んだ。

 今予選で初めてリードを許す展開にもイレブンは動じなかった。「いつか逆転できる」。落ち着いてボールを回しチャンスを待った。平瀬のヘッドがバーをたたいてゴールインした時、それは確信に変わった。ゲームを支配し続け、さらに2点を加えて快勝した。22歳以下とは思えない、勝ち方を知る大人のチームの戦い方だった。

 6月から始まった長い戦いを1度も負けることなく戦い抜いた。1次予選からの連勝は、韓国戦2試合を含めて13。これまでの最高だった8連勝(アトランタ五輪代表)をはるかに上回る国際試合での連勝記録となった。得点率(1試合あたりの得点)は5・45で、銅メダルを獲得したメキシコ五輪代表(5・20)も超えた。

 殊勲の2発を決めた平瀬も1次予選からの通算得点を15とし、五輪予選史上、日本の最多得点者となった。鹿島ではレギュラーをつかめず、1年前には留学先のブラジルでボールを追っていた男が、見事にエースストライカーに成長した。柳沢(鹿島)の不振を穴埋めして余りある活躍を見せた。だれかが戦線を離れても、それに代わる選手が生まれるのも、層の厚いこのチームの強さを証明するものだ。

 平瀬、中田、中村のほか、負傷中の小野も本大会では復帰する。タレントをそろえた日本は、世界での活躍を予感させる戦いぶりを見せた。【小西弘樹】

[1999年11月7日付紙面から]

試合別データ
監督
フィリップ・トルシエ
コーチ
山本 昌邦/サミア
第1戦
年月日 スコア 相手 得点者 場所
1999/10/09 ○2-0 カザフスタンン 中田英、稲本 カザフスタン・アルトマイ
ポジション 選手名
GK 曽ヶ端 準
DF 中沢 佑二
宮本 恒靖
中田 浩二
MF 明神 智和
遠藤 保仁
稲本 潤一
中村 俊輔  →本山 雅志
中田 英寿
FW 高原 直泰  →福田 健二
平瀬 智行  →小島 宏美
第2戦
年月日 スコア 相手 得点者 場所
1999/10/17 ○3-1 タイ 平瀬2、高原 東京・国立競技場
ポジション 選手名
GK 曽ヶ端 準
DF 中沢 佑二
宮本 恒靖
中田 浩二
MF 明神 智和
遠藤 保仁
稲本 潤一
本山 雅志  →戸田 和幸
中村 俊輔  →藤本 主税
FW 福田 健二  →平瀬 智行
高原 直泰
第3戦
年月日 スコア 相手 得点者 場所
1999/11/6 ○3-1 カザフスタン 平瀬2、中村 東京・国立競技場
ポジション 選手名
GK 曽ヶ端 準
DF 中沢 佑二
宮本 恒靖
中田 浩二
MF 明神 智和
遠藤 保仁  →酒井 友之
稲本 潤一  →高原 直泰
中村 俊輔
中田 英寿
FW 福田 健二  →本山 雅志
平瀬 智行
第4戦
年月日 スコア 相手 得点者 場所
1999/11/13 ○6-0 タイ 平瀬2、小島、明神、市川、藤本 タイ・バンコク
ポジション 選手名
GK 南 雄太
DF 中沢 佑二
宮本 恒靖
戸田 和幸
MF 明神 智和
稲本 潤一
中田 浩二  →市川 大祐
小島 宏美  →北島 秀朗
中村 俊輔
本山 雅志  →藤本 主税
FW 平瀬 智行
シドニー五輪予選登録メンバー
No. 選手名 年齢 所属
2 山口 智 21 市原
4 戸田 和幸 21 清水
5 宮本 恒靖 22 G大阪
6 稲本 潤一 20 G大阪
7 明神 智和 21
10 中村 俊輔 21 横浜FM
11 福田 健二 21 名古屋
12 遠藤 保仁 19 京都
13 酒井 友之 20 市原
16 中田 浩二 20 鹿島
17 平瀬 智行 22 鹿島
18 曽ヶ端 準 20 鹿島
20 南 雄太 20
22 中澤 佑二 21 V川崎
24 本山 雅志 20 鹿島
25 市川 大祐 19 清水
27 小笠原 満男 20 鹿島
28 中田 英寿 22 ペルージャ
29 小島 宏美 21 G大阪
30 高原 直泰 20 磐田

※年齢、所属は当時

【各ポジションの意味】
  • GK=ゴールキーパー
  • FB=フルバック
  • HB=ハーフバック
  • FW=フォワード
  • RB=ライトバック
  • LB=レフトバック
  • RH=ライトハーフバック
  • CH=センターハーフバック
  • LH=レフトハーフバック
  • OR=アウトサイドライト
  • IR=インサイドライト
  • CF=センターフォワード
  • IL=インサイドレフト
  • OL=アウトサイドレフト
  • DF=ディフェンダー
  • MF=ミッドフィルダー

男子代表

1936年ベルリン大会
準々決勝敗退
詳細へ
1956年メルボルン大会
1回戦敗退
詳細へ
1964年東京大会
準々決勝敗退
詳細へ
1968年メキシコ大会
銅メダル
詳細へ
1996年アトランタ大会
グループリーグ敗退
予選詳細へ
本戦詳細へ
2000年シドニー大会
準々決勝敗退
予選詳細へ
本戦詳細へ
2004年アテネ大会
グループリーグ敗退
予選詳細へ
本戦詳細へ

女子代表

1996年アトランタ大会
グループリーグ敗退
詳細へ
2000年シドニー大会
第3回女子世界選手権の成績により参加できず
2004年アテネ大会
準々決勝敗退
詳細へ



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2019,Nikkan Sports News.