このページの先頭




サッカー

サッカーメニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日本戦速報
  4. 日程
  5. 結果
  6. コラム
  7. 日本代表名鑑
  8. 競技メモ

なでしこ先制も米に4失点完敗/サッカー

3点目を決められるGK福元(撮影・田崎高広)
3点目を決められるGK福元(撮影・田崎高広)

<北京五輪・サッカー:米国4-2日本>◇18日◇女子準決勝

 日本サッカー界初の五輪決勝進出はならなかった。女子代表は準決勝で、五輪優勝2回の強豪米国に2-4で敗れた。序盤は高度なパスサッカーで優勢に立ち、前半17分にFW大野忍(24)の得点で先制。だが徐々に身体能力で上回る米国に攻勢を許し、不運も手伝って大量失点した。これで21日の3位決定戦に回ることが決定。W杯2連覇中のドイツとの最終決戦に、68年メキシコ五輪での男子代表以来40年ぶりとなる、銅メダル獲得をかける。

 不運なゴールが、ため息とともにネットに吸い込まれた。後半36分。GK福元の頭上に、米国MFハクルズの右クロスが飛んだ。明らかなミスキック。だが予想外の弾道に、一瞬だけ反応が遅れた。試合を決定付ける4失点目-。不屈を誇るなでしこたちも、星のない北京の空を、うつろな目で見上げるしかなかった。

 序盤はMF沢中心の高速パス交換で、世界最高峰の米国守備陣を翻ろうした。前半17分に大野のゴールで先制し、過去20回の対戦での未勝利がウソのように、主導権を握って試合を進めた。だが好調さゆえに、落とし穴にはまった。同41分にミスが重なり、同点を許す。「一瞬のスキを突かれた。夢中になりすぎて、時間の経過が判断できなかった。残り5分なのだから、1-0で終われるよう指示すべきだった」と主将DF池田は悔やんだ。

 わずか3分後には、ドリブルで攻め上がったDFチャラプニーに、まさかのミドル弾を突き刺された。後半26分の3失点目は、クロスを狙う相手のミスキックが、そのままゴールに吸い込まれた。完全に勢いづいた米国に、終盤は押し込まれ続けた。FW永里は「1次リーグの時より状態が良く、強かった」と相手の勝負強さを認め、DF丸山は「簡単に勝たせてくれない。相手が上だった」と振り返った。

 それでもなでしこジャパンは、最後まで試合を捨てなかった。福元はしょげるどころか声を張り上げ、攻撃を必死に防ぎ続けた。そしてロスタイムには、波状攻撃から途中出場のFW荒川が、チーム2得点目を押し込んだ。佐々木監督は「次につながるプレーができた」と選手をたたえた。

 池田は「4強に残って、まだ夢の中にいるような気分だった。今度は世界に通用することを証明したい」と気持ちを切り替えた。持ち前のパスサッカーが、世界最高レベルにあることは確認できた。次につながるゴールも決めた。そして、世界トップに肩を並べたことを示す舞台も、まだ残っている。21日の3位決定戦ドイツ戦で、なでしこジャパンが悲願のメダルに挑む。

 [2008年8月19日9時9分 紙面から]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。




写真を拡大する
新旧スター握手
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
金メッシ
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
国旗を羽織るリケルメ
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
祝福受けるディマリア
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
沢は大野に抱きつく
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
成田到着の沢選手ら
[2008年8月22日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2019,Nikkan Sports News.