このページの先頭




サッカー

サッカーメニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日本戦速報
  4. 日程
  5. 結果
  6. コラム
  7. 日本代表名鑑
  8. 競技メモ

沢あるぞ海外再挑戦、ロンドン五輪へ意欲

北京から帰国した沢(左)は大野にふざけて抱きつく(撮影・たえ見朱実)
北京から帰国した沢(左)は大野にふざけて抱きつく(撮影・たえ見朱実)

 サッカー女子の日本代表MF沢穂希(29=日テレ)が、海外再挑戦を視野に12年ロンドン五輪を目指す。同代表は3位決定戦のドイツ戦から一夜明けた22日、北京から帰国した。銅メダルこそ手にできなかったが、女子五輪史上最高のベスト4まで進出。沢は4年後のメダル獲得を見据えて自らを鍛え直すため、01年から3シーズン所属した米国など、海外リーグ移籍でレベルアップを図る可能性を示唆した。なでしこジャパンは年内の活動を終えて、解散した。

 メダルを手にできなかった悔しさが、新たな意欲をかき立てた。沢はこの日午前中、選手村で帰国の身支度を整え「20代最後の夏は最高でした」と晴れやかに話した。開幕前に掲げていた04年アテネ大会を上回る8強以上の成績と、自身の五輪初ゴールを達成。それでも「1人のアスリートとして、現役であれば(結果に)一生満足することはないと思う。五輪を(引退の)めどとは思ってません」と言葉に力を込めた。

 1次リーグ初戦のニュージーランドに始まり、3位決定戦のドイツまで強豪と計6戦。チーム成績と合わせて、ボランチという新たな役割で大会3得点をマークするなど自信を深めた。一方で、体格差を生かしたパワープレーだけではなく、組織的な戦術を採用し始めた強豪国の強さも実感。「世界のサッカーは日々、レベルアップしてますし、チャンスがあればと思う。この大会で海外の強いチームと対戦して、そういう思いもあります」。今回の五輪で海外リーグで再挑戦したい、という思いをかき立てられた。

 沢は99年に米女子アマリーグに移籍し、01年から米女子サッカーリーグ(WUSA)のアトランタ・ビートでプレーした。経営難で04年にリーグが休止し、沢も日テレに復帰したが、レベルの高い米国で培った技術と経験が、なでしこジャパンでの活躍につながった。WUSAは男子のMLSの支援を受け、09年に8チームで本格再開する予定。クラブレベルでも国際大会に近い実戦をこなせる機会を得られる。

 帰国の成田空港では、なでしこジャパンの象徴の周りに、あっという間に人だかりができ「よくやった!」と健闘をたたえられた。「若い選手たちにも、女子サッカーを背負っていくという気持ちを持ってほしいし、私も伝えていきたい。ただ、今はゆっくり休んで、それからですね」。3大会目の五輪を終えた日本女子サッカー界のパイオニアが、わずかな休息の後に4年後へ走りだす。

 [2008年8月23日8時33分 紙面から]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。




写真を拡大する
新旧スター握手
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
金メッシ
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
国旗を羽織るリケルメ
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
祝福受けるディマリア
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
沢は大野に抱きつく
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
成田到着の沢選手ら
[2008年8月22日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.