このページの先頭




サッカー

サッカーメニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日本戦速報
  4. 日程
  5. 結果
  6. コラム
  7. 日本代表名鑑
  8. 競技メモ

メッシ南アW杯で3世代王者に/サッカー

<北京五輪・サッカー:アルゼンチン1-0ナイジェリア>◇23日◇男子決勝

 マラドーナの後継者が、五輪史上40年ぶりの連覇を勝ち取った。男子サッカー決勝は、アルゼンチンが1-0でナイジェリアを倒し、04年アテネ大会に続いて金メダルを獲得。後半13分、FWリオネル・メッシ(21=バルセロナ)がスルーパスで決勝点をもたらし、64、68年のハンガリー以来の快挙を達成した。05年ワールドユース(現U-20W杯)と五輪で「世界2冠」を達成した天才は、9月のW杯南米予選のメンバーにさっそく選ばれ、夢の3冠へ歩み始める。

 表彰台の最上段に立ったメッシは、首から下げたメダルを左手で握り締めた。表と裏をクルリとひっくり返すと、午後の日差しを浴びて光る黄金色が、まぶしかった。「僕らが素晴らしいチームだからこそ、この喜びを得られた。五輪での優勝は特別。幸せいっぱいだね」。8万9000人で埋まった観客席からの祝福に、笑みがあふれた。

 正午開始のピッチは直射日光に焼かれたうえ、無風。温度は42度を超えた。国際サッカー連盟(FIFA)が両チーム監督と医療スタッフと協議し、前後半に1回ずつ、水分補給のため2分弱の休憩時間を設けたほど。「厳しい試合だったし、暑さで相当疲れていた。決勝を戦っているということが、唯一のエネルギーだった」。

 体力の消耗を恐れたナイジェリアが、本来のスピードを発揮できずにいると、メッシは守備を仲間に任せて前線でチャンスを狙った。後半13分、リケルメの相手へのプレスでこぼれたボールを拾い、体を反転。即座に、左サイドを駆け上がったディマリアへ約20メートルのスルーパスを通して先制点をもたらした。

 新たな黄金期を築くためには、ワールドユースに続く世界タイトルが欲しかった。所属するバルセロナが五輪への派遣を拒否し、協力を要請した国際サッカー連盟(FIFA)との間に入ったスポーツ仲裁裁判所(CAS)もクラブ側を支持。それでも、バルセロナのグアルディオラ監督に直訴してまで出場したのは「五輪で勝てば、ドリームチームになれる」と信じていたからだった。準優勝した90年イタリア大会を最後に、W杯でベスト4に残れなくなった母国復興のため、国際舞台で北京世代の実力を上げたかった。

 英雄マラドーナとともに86年W杯を制したバティスタ監督は「メッシは素晴らしかった。1人の選手に頼らずに多様な戦術も生まれた。今回の勝利はA代表の希望になる」と相手のマークを一身に受けたエースを再評価した。頂点を極めた最強世代が、10年W杯へ勢いを増した。【山下健二郎】

 [2008年8月24日8時48分 紙面から]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。




写真を拡大する
新旧スター握手
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
金メッシ
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
国旗を羽織るリケルメ
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
祝福受けるディマリア
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
沢は大野に抱きつく
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
成田到着の沢選手ら
[2008年8月22日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.