このページの先頭




ソフトボール

ソフトボールメニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日本戦速報
  4. 日程
  5. 結果
  6. 日本代表名鑑
  7. 競技メモ

エース上野「金の重さ」を実感

獲得した悲願の金メダルを披露する、ソフトボール日本代表の上野(共同)
獲得した悲願の金メダルを披露する、ソフトボール日本代表の上野(共同)

 北京五輪で悲願の金メダルを獲得したソフトボールの日本代表が22日、北京市内のジャパンハウスで記者会見し、準決勝からの3試合を投げ抜いたエース上野由岐子投手(ルネサス高崎)は「多くの人の思いを背負ってマウンドに立った。思っていたより、いろんな意味ですごく重い」と金メダルの実感を表現した。

 決勝の米国戦から一夜明け、金メダルを胸に下げた選手は晴れやかな表情。山田恵里主将(日立ソフトウェア)は「勝った瞬間は実感がなかったが、メダルをもらって勝ったと思った。最終的に米国に勝てる自信はあった」と笑顔でコメント。上野は「疲れよりうれしさの方が大きい。次は2016年五輪にソフトボールがカムバックできるように貢献していきたい」と力強く話した。

 会見前には北京の日本人学校との交流イベントで児童の合唱を聴き、多くの選手が涙ぐむ場面もあった。

 斎藤春香監督は「15人全員でつかんだ金メダル。みんなの思いを選手が体と心で感じ、4回目の五輪で悲願を達成できた。五輪のソフトボールは一区切りになるが、選手が復帰へ向けて1歩前進させてくれた」と感慨深そうに振り返った。

 [2008年8月22日18時19分]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。



写真を拡大する
帰国した上野由岐子
[2008年8月24日] 
写真を拡大する
記念撮影
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
質問に答える上野
[2008年8月22日] 
写真を拡大する
上野はNO・1ポーズ
[2008年8月22日] 
写真を拡大する
喜ぶ斎藤監督
[2008年8月22日] 
写真を拡大する
内藤のユニホーム手に
[2008年8月22日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.