このページの先頭




競泳

競泳メニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日程
  4. 結果
  5. コラム
  6. 日本代表名鑑
  7. 競技メモ

入江準決4位も通過点、メダル王手/競泳

全体4位で決勝進出した入江陵介(撮影・蔦林史峰)
全体4位で決勝進出した入江陵介(撮影・蔦林史峰)

<北京五輪:競泳>◇14日◇男子200メートル背泳ぎ準決勝

 北島の後継者として次代の競泳日本代表を背負う、日本選手団男子最年少の入江陵介(18=近大)が、初出場でメダル獲得に王手をかけた。男子200メートル背泳ぎ準決勝を1分56秒35の全体4位で通過。15日の決勝に進出した。自己ベストは今季世界ランク3位の1分54秒77で、この日は余力十分をアピール。12年ロンドン五輪で、エースの活躍が期待される逸材が、一足早い北京でも表彰台を狙う。

 五輪初出場とは思えない度胸で、入江がファイナリストの仲間入りを果たした。準決勝の最終2組目に出場し、最後の150メートルのターンまで世界記録保持者のロクテに次ぐ2位をキープ。最後にわずか0秒01差で、隣の欧州王者ローガンにかわされ、この組3位となったが「五輪の雰囲気にも慣れて、落ち着いてきた。それにまだ準決勝というのもあって気合が入らない」と、緊張とは程遠い様子で、明るく振る舞った。

 世界新が連発する今大会の高速化に合わせて、準決勝から全力を出す選手がほとんどだ。その中で無理せず、余力を残して決勝に進出した。しかも持ち味の後半の強さに磨きをかけるため、150メートルのターンで従来よりも、意識的にバサロキックの回数を増やすテストまで行った。「これまでは最後のターンで、疲れてキックを打てなかった。それができたのは収穫」。準決勝もあくまで通過点という考えだった。

 今大会は直前の韓国・済州島合宿を含めて、北島と同部屋で過ごしている。「金メダリストからレース前日の過ごし方とかを学んでほしい」と上野監督。日本代表のスタッフはロンドン五輪のエースとして期待している。入江も「康介さんは本当に落ち着いている。平常心の大切さを学んだ」と、この日の冷静なレース運びにつなげていた。

 決勝では世界記録タイで並ぶロクテ、ピアソルの2強が最大のライバル。「150メートルまでついて行ってラスト50メートルでかわしたい」。最終テストを終え、金メダルのイメージは完成した。【高田文太】

 [2008年8月15日8時55分 紙面から]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。




写真を拡大する
福田首相と北島
[2008年8月27日] 
写真を拡大する
旗手の北島康介
[2008年8月25日] 
写真を拡大する
Vサインのライス
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
イルチェンコが優勝
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
競技に臨むデュトイト
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
プールに落とされ笑顔
[2008年8月18日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.