このページの先頭




競泳

競泳メニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日程
  4. 結果
  5. コラム
  6. 日本代表名鑑
  7. 競技メモ

北島メドレーリレーで銀以上狙う

日本新記録をマークした北島(右)、藤井(左)ら(共同)
日本新記録をマークした北島(右)、藤井(左)ら(共同)

 北島康介(25=日本コカ・コーラ)が、有終の「アテネ超え」を狙う。競泳男子400メートルメドレーリレー予選に、背泳ぎ宮下、バタフライ藤井、自由形佐藤とともに出場。予選1組目でオーストラリアにわずか0秒05差の2位、全体では3位で通過した。第2泳者としてトップに立ち、3分32秒81の日本新に導いた。すでに2大会連続平泳ぎ2冠を達成。17日の決勝ではアテネ五輪3位のこの種目で2位以上、世界選手権と合わせて5大会連続のメダルに挑む。

 前人未到の2大会連続2冠から一夜明けても、北島の集中力が途切れることはなかった。世界を制した大きな泳ぎで、グイグイとオーストラリアに迫った。宮下から0秒55差の2位で引き継いだ順位は、前半50メートルをターンし、水面に浮き上がった時には並んでいた。そこから突き放し、逆に0秒51リードの首位で藤井につないだ。アンカーの佐藤がオーストラリアに抜き返されたが、全体首位の米国ともわずか0秒06差。「アテネよりいいメダル? もちろん。記録をもっと上げて(藤井)拓郎を気持ち良く泳がせてあげたい」と、力強く言い切った。

 競泳最終日最終種目のメドレーリレーは、総合力を競う各国の威信をかけた戦いだ。日本は世界選手権で03、05年銅、07年銀、アテネ五輪も銅メダル。すべてに貢献してきた北島は「ずっとメダルを取ってきた種目だし、思い入れは強い。レベルは高いし、厳しい戦いになる。最後は1人ひとり、どれだけメダルが欲しいかで変わってくる」と、この種目初出場の3人を鼓舞している。

 米国のフェルプスら、各国は予選に出場しなかった選手も多く、さらにハイレベルな争いが予想される。だが、この日まで7日連続でレースに出場した北島がようやく16日に休養日。体力を回復させ、予選で0秒54更新した日本記録を、さらに縮めにいく。07年世界選手権では、米国が引き継ぎ違反で失格になるなど、何が起こるか分からないのもリレー種目。8冠に王手をかけて臨んでくると予想されるフェルプスの偉業を、北島が止めるかもしれない。【高田文太】

 [2008年8月16日8時34分 紙面から]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。




写真を拡大する
福田首相と北島
[2008年8月27日] 
写真を拡大する
旗手の北島康介
[2008年8月25日] 
写真を拡大する
Vサインのライス
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
イルチェンコが優勝
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
競技に臨むデュトイト
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
プールに落とされ笑顔
[2008年8月18日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2019,Nikkan Sports News.