このページの先頭




競泳

競泳メニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日程
  4. 結果
  5. コラム
  6. 日本代表名鑑
  7. 競技メモ

北島さよなら五輪、閉会式旗手で現役締め

閉会式の旗手を務めた北島康介(中央)(撮影・浅見桂子)
閉会式の旗手を務めた北島康介(中央)(撮影・浅見桂子)

 北京五輪で史上初の2大会連続平泳ぎ2冠に輝いた北島康介(25=日本コカ・コーラ)が24日、閉会式の「旗手」で現役最後の五輪を締めくくった。04年アテネ大会から日本選手団をけん引した功績を認められ、日本オリンピック委員会(JOC)から指名を受けた。閉会式では国際オリンピック委員会のロゲ会長が閉会を宣言。世界のアスリートが集ったスポーツの祭典が幕を閉じた。

 色とりどりの国旗に続いて、北島が日の丸の旗を手に入場した。これまでの汗と栄光に彩られた厳しい道のりが、脳裏を駆け巡った。「最高の自分を表現できればいい」。自分自身にそう言い聞かせてきた世界舞台。充実感と達成感につつまれると、穏やかな笑みを浮かべ、胸を張った。

 北島は06年ドーハ・アジア大会で日本選手団の主将を務めたことはあったものの、旗手は初めて。19日に競泳陣とともに帰国していたが、22日にJOCから要請を受けた。関係者とスケジュール調整を行い、翌23日に本人が了承。この日午前に、北京入りした。入場後は日本選手団に合流。陸上男子400メートルリレーで銅メダルを獲得した朝原らと談笑した。「開会式も出たことがなかったので、日の丸を持って出て行けて良かった。うれしいことですからね」とコメントした。

 最終日前に帰国した選手を旗手に抜てきするのは異例。日本選手団の上村春樹総監督が「特に北島選手の世界新を含む2種目連覇は多くの国民に感動を呼んだ」と話せば、福田富昭団長も「自分の力を発揮できる選手じゃないと勝てない。彼は別格だった」と絶賛。功労者であり、今大会の象徴として高い評価を得て、旗手に抜てきされた。

 アテネと2大会で金4、銅2。日本競泳史上最多のメダル6個を奪った。日本政府側も史上最年少での国民栄誉賞候補として検討している。北島は「最後と思ってチャレンジした」と今後は第一線から身を引く可能性もあるだけに、節目を飾る大役となった。【山下健二郎】

 [2008年8月25日8時42分 紙面から]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。




写真を拡大する
福田首相と北島
[2008年8月27日] 
写真を拡大する
旗手の北島康介
[2008年8月25日] 
写真を拡大する
Vサインのライス
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
イルチェンコが優勝
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
競技に臨むデュトイト
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
プールに落とされ笑顔
[2008年8月18日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.