このページの先頭




シンクロナイズドスイミング

シンクロナイズドスイミングメニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日程
  4. 結果
  5. 日本代表名鑑
  6. 競技メモ

日本まさかの減点で5位/シンクロ

チームFRでの日本チームの豪快なジャンプ(共同)
チームFRでの日本チームの豪快なジャンプ(共同)

<北京五輪:シンクロ>◇23日◇チームフリールーティン

 日本が五輪史上初めてメダルを逃した。五輪種目で採用された1984年のロサンゼルス大会から6大会連続で全種目のメダルを獲得してきたが、今大会ではデュエットこそ鈴木・原田組が銅メダルを死守したが、チームは5位に終わった。優勝はロシア、2位スペイン、3位中国。

 前日22日のチーム・テクニカルルーティン(TR)。井村雅代ヘッドコーチが率いる3位中国に大差をつけられ4位になった時点で、逆転の可能性はほぼ消えていた。それでも、この日のFRで銅メダルを狙ったが、先に演技を終えた中国が高得点をマーク。日本は48・167で届かず、さらにプールの底に足がつく反則を犯し減点1で、カナダにも抜かれ5位に終わった。

 金子正子チームリーダーは「(メダルを)取れなかったのは悔しいし残念。力が足りなかった。切れも悪かった」と、本来の力が出せなかったことを悔やんだ。演技終了後にはリフトで飛んだ小林寛美(23=浜寺水練学校)が気を失って担架で運ばれる事態も起きた。デュエット3位もチームでメダルを逃した原田は「先輩たちが築いてきたメダルを落としたのは申し訳ないし、情けない気持ちです」と肩を落としていた。

 [2008年8月23日19時59分]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。



写真を拡大する
ポーズとる鈴木と原田
[2008年8月24日] 
写真を拡大する
気を失った小林
[2008年8月24日] 
写真を拡大する
笑顔の井村コーチ
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
ロシアの演技
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
日本チームのジャンプ
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
日本4位発進
[2008年8月23日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.