このページの先頭




シンクロナイズドスイミング

シンクロナイズドスイミングメニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日程
  4. 結果
  5. 日本代表名鑑
  6. 競技メモ

鈴木、原田組が中国振り切り銅/シンクロ

銅メダルを獲得した鈴木絵美子(左)、原田早穂組の演技
銅メダルを獲得した鈴木絵美子(左)、原田早穂組の演技

<北京五輪:シンクロ>◇20日◇デュエットフリールーティン

 シンクロナイズドスイミング日本代表が、7大会連続となる五輪メダルを死守した。20日のデュエット・フリールーティン(FR)決勝で、鈴木絵美子(26)原田早穂(25=ともにミキハウス)組が、19日の予選を上回る48・917点をマーク。18日のテクニカルルーティン(TR)と合計97・167点でロシア、スペインに次ぐ銅メダルを獲得した。元日本代表ヘッドコーチ(HC)の井村雅代氏の指導で急成長した、中国の双子ペア蒋■■、蒋文文組を、トータル0・833点差の4位に退けた。22日に始まる8人制のチームでのメダルも狙う。

 演技を終えて最後の一礼をする時に、もう鈴木と原田は泣いていた。出迎えた金子正子チームリーダー(TL)の胸に飛び込む。12組中9番目に登場した日本が、先に演技を終えていた中国を上回った。女王ロシアを残してスペインに次ぐ2位。事実上の銅メダルが確定した。「初めて得点より電光掲示板のランキングを見ていた」と鈴木。原田は「みんなが喜ぶ姿を見て、感極まっちゃいました」と笑った。

 1つのミスで順位が入れ替わるギリギリの戦いだった。TRで中国から奪ったリードはわずか0・166点。前哨戦の19日のFR予選は中国と同点。重圧の中、開始直後のリフト2連発で波に乗った。20秒近く潜りっぱなしの最後の足技の連続も決めた。演技後は涙目の金子TLから「良かったわよ」と、この4年間で初めて褒められた。

 「がけっぷちというよりがけから落ちている」。4月の五輪最終予選後、鈴木はそう言った。ロシア不在の中、デュエットでスペイン、中国ペアに敗れた。事実上の世界4位の格付け。そこから4カ月ではい上がった。控えめな性格の2人が「やってやる」「チクショー」などと、練習で感情をさらけ出した。お互い12年前から金子TLの厳しい練習に耐えてきた。05年秋に原田の父水穂さんが、直腸がんで52歳で亡くなってからは、鈴木家で姉妹のように過ごす時間も増えた。

 従来のシンクロ界は五輪前には序列が決まっていた。しかし、アテネ五輪後に日本を支えてきた井村HCが中国に移籍。日本と中国の差がほとんどなくなった。今大会は金子VS井村の代理戦争ともいわれた。試合後、金子TLは井村HCから「おめでとう」と声をかけられ、胸のつっかえが取れた。

 84年ロサンゼルス大会で五輪に採用されてから、全大会でメダル獲得の伝統を守った。当初の米国、カナダなどメダル常連国は消え、上位はロシアやスペインに代わった。それでも日本だけはトップ3に残り続けた。次はチームで84年から続く全種目メダルに挑む。【高田文太】

※■は女ヘンに亭

 [2008年8月21日9時19分 紙面から]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。



写真を拡大する
ポーズとる鈴木と原田
[2008年8月24日] 
写真を拡大する
気を失った小林
[2008年8月24日] 
写真を拡大する
笑顔の井村コーチ
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
ロシアの演技
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
日本チームのジャンプ
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
日本4位発進
[2008年8月23日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.