このページの先頭




シンクロナイズドスイミング

シンクロナイズドスイミングメニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日程
  4. 結果
  5. 日本代表名鑑
  6. 競技メモ

チーム日本ピンチの4位発進/シンクロ

チームTR4位発進となった日本チーム(撮影・蔦林史峰)
チームTR4位発進となった日本チーム(撮影・蔦林史峰)

<北京五輪:シンクロ>◇22日◇チームテクニカルルーティン(TR)

 シンクロナイズドスイミング日本代表が大ピンチだ。チーム・テクニカルルーティン(TR)で、日本は48・167点とロシア、スペイン、中国に次ぐ4位発進。元日本代表ヘッドコーチの井村氏が指揮する、ライバル中国には0・417点差をつけられた。84年ロサンゼルス大会から五輪に採用されて以降、今大会の鈴木、原田組のデュエットまで、全3種目で計12個のメダルを獲得したお家芸が初のメダル圏外。「逆転4カ条」を駆使し、23日のフリールーティン(FR)に臨む。

 致命的なミスはなかったが、決定力にも欠けた。中盤の見せ場のはずだった川嶋と橘が体をしならせながら、同時にバック宙するリフトは高さがない。足技も細かなばらつきがあり、狙っていたキレの良さや勢いを観衆、審判に見せるまでには至らなかった。消化不良のまま終えた演技の点数は、9・6~9・7点がズラリ。金子チームリーダーは「難度は高い。演じきれば9・7~9・8点のライン。それが悪い方に傾いた。突き抜ける強さがなかった」と話した。

 TRとFRの合計点で争うシステムとなった96年アトランタ五輪以降、先に実施するTRでメダル圏外だった国が、FRで逆転した例はチーム、デュエットともにない。金子チームリーダーも「TRで優位に立つとFRの印象もいい」と、苦戦を覚悟。中国について「シンプル・イズ・ベスト。同調性は際立っていた。井村先生は点を取る最短距離で来た」と認めた。

 しかし、100%逆転不可能とも言えない。今大会のデュエットは、直前の大会で世界4位と格付けされながら、3位に食い込んだ。逆転のポイントは4つ。

 (1)従来のキレを取り戻す

 (2)この日は補欠だったチーム最長身173センチの青木投入で中国の高さに対抗

 (3)ストーリー仕立てで芸術性の高い内容

 (4)急造の中国だけにミス連発の可能性高い

 主将の鈴木は「明日は一番厳しい戦いになる」と、気を引き締めた。FRの演技の難度では、日本は中国を大きく上回る。「逆転4カ条」をやり遂げた先に、前例のないドラマが見えてくる。【高田文太】

 [2008年8月23日9時10分 紙面から]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。



写真を拡大する
ポーズとる鈴木と原田
[2008年8月24日] 
写真を拡大する
気を失った小林
[2008年8月24日] 
写真を拡大する
笑顔の井村コーチ
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
ロシアの演技
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
日本チームのジャンプ
[2008年8月23日] 
写真を拡大する
日本4位発進
[2008年8月23日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.