このページの先頭




トランポリン

トランポリンメニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日程
  4. 結果
  5. 日本代表名鑑
  6. 競技メモ

外村4位「悔しいです」/トランポリン

【トランポリン】男子個人決勝で4位に入った外村哲也(共同)
【トランポリン】男子個人決勝で4位に入った外村哲也(共同)

<北京五輪:トランポリン>◇19日◇男子個人決勝

 親子メダルの夢まで、あとわずかだった。外村哲也(23=ザ・ビッグスポーツ)は39・8点で4位。3位とわずか0・8点差でメダルを逃した。それでもトランポリンでは男女を通じて日本勢最高の順位を残した。中国の陸春龍で41・0点で優勝した。

 父・康二さんは、1984年のロサンゼルス五輪体操男子団体総合、種目別床の銅メダリスト。異種競技だが、父を超えるメダル獲得の可能性があっただけに、外村も悔しがった。

 安全策が結果的には裏目に出た。予選の第2演技で出した40・7点ならば、メダルに届いていた。だが「(3回転宙返りを)4回はやらずに、3回のまま演技点を稼いで優勝を狙おうと思った」。外村の作戦は失敗に終わる。3連続3回宙返りで着地ゾーンを外れるミスを犯した。「悔しいです。自分のやりたい演技が出せずに終わった」。それでも4位に入った。まだ23歳。ロンドン五輪へ夢はつないだ。

 [2008年8月20日3時13分]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。



写真を拡大する
4位の外村の演技
[2008年8月19日] 
写真を拡大する
金メダルの何は19歳
[2008年8月18日] 
写真を拡大する
頭を抱える上山
[2008年8月17日] 
写真を拡大する
予選演技に臨む広田
[2008年8月16日] 
写真を拡大する
決勝に進んだ外村
[2008年8月16日] 
写真を拡大する
広田の個人予選演技
[2008年8月16日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.