このページの先頭




トランポリン

トランポリンメニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日程
  4. 結果
  5. 日本代表名鑑
  6. 競技メモ

外村痛恨4位、安全策が裏目/トランポリン

4位に入った外村の演技(共同)
4位に入った外村の演技(共同)

<北京五輪:トランポリン>◇19日◇男子個人決勝

 男子トランポリンで外村哲也(23=ザ・ビッグスポーツ)が痛恨の4位だ。「安全策」で決勝に臨んだが、ミスが響き39・80点で表彰台まで0・8点及ばなかった。体操でロサンゼルス五輪銅メダリストの父康二さん(50)に続く親子メダルはならなかった。

 端正な顔をゆがめ、両手で頭を抱えた。メダルまであと1歩の4位。「悔しい。失敗した」。自分を責めた。序盤の3回連続の3回宙返りを4回連続に増やし、予選から難度点を0・5点上げる計画だったが、リスクを考えて断念。だが、10回の跳躍で2回、着地ゾーンを外した。予選と同じ40・70点を出していれば、銅メダルが手に入っていた。

 親子メダルは逃したが「そういう意識では臨んでなかった」。むしろ友の無念とともに跳んでいた。ともに練習を積んだ世界ランク1位の上山が予選で落選。号泣する背中に、あえて声はかけなかったという。「でも自分の中で彼の気持ちも背負っていた」。思いはあと少し、届かなかった。しかし同競技では過去最高順位。まだ、4年後がある。「今度は100%の力を出したい」。涙はない。その瞳はすでにロンドンを見据えていた。【太田尚樹】

 [2008年8月20日8時54分 紙面から]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。



写真を拡大する
4位の外村の演技
[2008年8月19日] 
写真を拡大する
金メダルの何は19歳
[2008年8月18日] 
写真を拡大する
頭を抱える上山
[2008年8月17日] 
写真を拡大する
予選演技に臨む広田
[2008年8月16日] 
写真を拡大する
決勝に進んだ外村
[2008年8月16日] 
写真を拡大する
広田の個人予選演技
[2008年8月16日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.