このページの先頭




バレーボール

バレーボールメニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日本戦速報
  4. 日程
  5. 結果
  6. コラム
  7. 日本代表名鑑
  8. 競技メモ

監督の悲劇乗り越え米国男子が金/バレー

<北京五輪・バレーボール:米国3-1ブラジル>◇24日◇男子決勝

 バレーボール男子は、指揮官の悲劇を乗り越えた米国が金メダルを獲得した。開会式翌日の9日、マッカーチョン監督の義父が刺殺され、義母も重傷を負う事件が起きた。チームに衝撃が走ったが、監督のために選手は一丸となって団結して全勝で決勝進出。01年以降、五輪、世界選手権、W杯のタイトルを総なめにしてきたブラジルも撃破し、ソ連(現ロシア)と並ぶ最多3度目の五輪タイトルを奪取した。

 第1セットはミス連発で失ったが、第2セットから反撃を開始。身長205センチのエース、スタンリーの強烈サーブなどでポイントを稼ぎ、先発6人の平均身長が2メートルを超す大型チームがパワーとスピードで王者ブラジルを圧倒。主砲のプリディは「偉大な相手だったが勝てると信じて戦った。」と気丈にチームをけん引した監督を見つめた。

 マッカーチョン監督は複雑な心境で掲げられた星条旗を見つめた。初戦となる10日のベネズエラ戦は病院で義母を付き添ったが、第2戦(イタリア戦)から復帰。88年ソウル大会以来、20年ぶりのVを成し遂げ「優勝を喜ぶ気持ちと、起きた事件は取り返しがつかないという感情が込み上げた。選手、スタッフに感謝したい」と感極まっていた。

 [2008年8月25日7時45分 紙面から]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。




写真を拡大する
帰国した栗原恵
[2008年8月26日] 
写真を拡大する
優勝を喜ぶ米国チーム
[2008年8月24日] 
写真を拡大する
スタンドにあいさつ
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
ストレート負けの日本
[2008年8月19日] 
写真を拡大する
5戦全敗の日本チーム
[2008年8月19日] 
写真を拡大する
米国に敗れ5戦全敗
[2008年8月19日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.