このページの先頭




オリンピック名言集

名言集メニュー
  1. トップ
  2. 選手編
  3. 実況編

実況手編

「19秒30、世界新記録誕生。100、200、2冠。しかも両方とも世界新。衝撃の男、また北京に稲妻が走った」

bolt.jpg
初田啓介アナ(37=TBS)2008年北京大会・陸上男子200メートル・ウサイン・ボルト (ジャマイカ)金メダル
 100メートルに続き、200メートルも世界新記録で優勝したウサイン・ボルトにどんな形容詞が適切なのか分からないが、「衝撃の男」「また北京に稲妻が走った」はイメージが十分に伝わるし、愛称が「ライトニング・ボルト(稲妻)」だから、ドンピシャだろう。公式タイムを即座に伝えて「稲妻」につなげた実況は鮮やかで、歴史的瞬間の実況として何度聞いても楽しめるものだったと思う。ただ、体言止めが多用されているのはどうなのか。「オレはこれだけ興奮してるんだぜ、だから…」と視聴者も興奮することを強要されているように感じる部分も人によってはあるかもしれない。もう少し減らした方が、より効果があったかもしれないが、そこは好き好きなのかもしれない。いずれにせよ、100メートルで使った「人類」が出なかったのは非常に良かったように思う。
 ※写真は走るボルト(撮影・田崎高広)



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.