このページの先頭




レスリング

レスリングメニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日本選手速報
  4. 日程
  5. 結果
  6. コラム
  7. 日本代表名鑑
  8. 競技メモ

競技メモ


試合会場
中国農業大学体育館(8000人収容)
実施種目
【男子】
  • フリースタイルとグレコローマンがあり、55キロ級、60キロ級、66キロ級、74キロ級、84キロ級、96キロ級、120キロ級の7階級。
【女子】
  • フリースタイルのみで、48キロ級、55キロ級、63キロ級、72キロ級の4階級。
ルール
  • フリースタイルは全身を使えるが、グレコローマンは上半身のみの攻防となる。
  • 試合場はマットに描かれた直径9メートルの円形の中で行われる。中心にも直径1メートルの円があり、そこから競技が始まる。相手選手の両肩を1秒以上マットにつけるとフォールで試合は終了。
  • 1ピリオドを2分間行い、これを3ピリオド行う。ピリオドは2分間が終わってポイントの多い選手が勝ち。ピリオドで同点の場合は、技術得点の価値(より大きな得点を取った者が勝者)で決め、それでも同点の場合は最初に技術得点を得たものを勝者とする。各ピリオドで勝敗が決まり2ピリオドを取った選手が勝者。2分間の中で、6点差をつけた場合は、テクニカルフォールとなる。
  • また3点ノルマ制と呼ばれるルールがあり、3ピリオドで最低3点を獲得しないと勝者になれない。6分間で0-2で負けていても勝敗は決することなく、延長で先に3点を取れば勝者となる。
  • 延長3分でどちらも3点に達しない場合は、審判の協議で勝敗が決定する。判定基準は、パッシブ数、警告数、次にポイント獲得内容で決定される。
  • 第1ピリオドを0-0で終了した時や、3点ノルマ制のルールによって延長へ入る時、組み合った体勢(クリンチ)でスタートする。
  • 打撃技、関節技、かみつき、指を折り曲げるなどは反則。
試合中のポイント
フリースタイル(男女)、グレコローマン共通
  • 試合場から脚が外へ出た場合は1失点。自分から逃げて飛び出した場合は警告を与えられた上で、相手選手に1点。逆に場外へ押し出すことを目的とした攻撃は仕掛けた側の反則で、その技は無効となるか相手選手に1点が入る場合がある。
  • 相手の攻撃から逃げ回っている場合には、警告が与えられ相手選手に1点。
  • 警告は1試合で3度課せられると失格となる。
フリースタイル(男女)
  • 主な1ポイント技 バックを取る、ローリングなど
  • 主な2ポイント技 レッグホールド、アンクルホールド、横崩しなど
  • 主な3ポイント技 タックル返し、足技、投げ技、タックル、外無双など
グレコローマン
  • 主な3ポイント技 1本背負い、首投げ、巻き投げ、腰投げなど

【注】技が完全に決まらない場合などは得点が少なくなる。また大きく投げるなどの場合は増えることもある。




ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.