このページの先頭




レスリング

レスリングメニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日本選手速報
  4. 日程
  5. 結果
  6. コラム
  7. 日本代表名鑑
  8. 競技メモ

伊調馨五輪2連覇、引退示唆/レスリング

金メダルを胸に笑顔で応援団の声援に応える伊調馨(撮影・宇治久裕)
金メダルを胸に笑顔で応援団の声援に応える伊調馨(撮影・宇治久裕)

<北京五輪:レスリング>◇17日◇女子フリースタイル63キロ級決勝

 レスリング女子63キロ級の伊調馨(24=綜合警備保障)が姉千春(26)に贈る五輪2連覇を達成した。決勝では右足外側靱帯(じんたい)を痛めながらも、カルタショワ(ロシア)に2-0。千春の48キロ級銀と合わせ、日本初の「2大会連続姉妹メダル」を決め、千春同様に引退を示唆した。

 金メダルを告げるブザーが鳴り響くと、伊調馨はマットにうずくまり号泣した。「うれしいの一言です。姉妹で金の夢はかなえられなかったけど、2人で取った金メダル。千春も喜んでくれると思う」。決勝戦。第1ピリオド(P)で1ポイントも奪えず、延長の末に取ったとはいえ、右ひざを痛めた。第2Pも延長へ。フラフラの体にむち打った。抽選で圧倒的に有利な攻撃的ポジションを手にすると、一瞬のタックルから勝負を決めた。

 体が全く動かない。心身ともにボロボロだった。16日に姉千春が銀メダルに終わった。「姉妹で金」の目標が消えた。「戦う意味がなくなった。もうやめよう」-。そう思った時、千春から携帯メールが届いた。

 「2人が歩んだ道は金メダルの輝きがある。馨は金メダルを取れ」。

 両親にも励まされて「みんなが金を望むなら」と試合に出ることを決めたが、ショックは消えない。「寝ているか寝ていないか分からない状態」で一晩過ごした。朝食後に食べた物を吐いた。前日計量を62・3キロでパスした体重が、63キロを超えぬまま本番に臨まざるを得なかった。準決勝までの3試合も苦戦続きで、足が前に出ず、片足タックルを何度も食らった。想定外の絶不調。55キロ級を連覇した「最強女王」吉田が「天才」とうなるテクニックで、しのぎ切るしかなかった。

 それでも「今日のレスリングは0点。気持ちは100点」と振り返った。姉への思いが体を支えた。会見後に控室で千春と対面すると、また涙があふれ出た。「これは千春とやってきた4年間の金メダルだよ」と言って抱き合った。

 2人で歩んだ道だからこそ、意味があるという。

 「1人で戦っても面白くない。千春がいなくなったら続ける意味がないし、金を取りたいとも思わない。千春が一段落と言うなら、私も一段落したい。子供のころからずっと一緒にいて背中を見てきた姉ですから。千春に説得されそう? 絶対(続けろと)言われます。でも、今回は応じないと思います」。

 まだ24歳。五輪3連覇を十分望める状況にもかかわらず、姉の後を追って引退する意向を示した。深いきずなで結ばれた姉妹の物語は、北京でフィナーレを迎えるかもしれない。【菅家大輔】

 [2008年8月18日9時7分 紙面から]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは




このニュースには全0件の日記があります。



[an error occurred while processing this directive]

写真を拡大する
母校での報告会
[2008年8月29日] 
写真を拡大する
石原都知事を表敬訪問
[2008年8月28日] 
写真を拡大する
メダルをガブリ
[2008年8月21日] 
写真を拡大する
メダルをかじる4選手
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
メダル見せる両選手
[2008年8月20日] 
写真を拡大する
池松は初戦で敗れる
[2008年8月20日] 



ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.